The hottest news from everywhere for everyone!

吉本新喜劇「和子ばあちゃん」逝く。桑原和男さん老衰にて天寿をまっとう

ニュースリリース

吉本新喜劇「和子ばあちゃん」の人気キャラクター、桑原和男さんが老衰にて天寿をまっとう

桑原和男
Source : article-image-ix.nikkei.com 

吉本新喜劇の桑原和男さん(旧名:九原一三=くはら・かずみ、芸名:くわばら・かずお)が10日、神戸市内の病院で老衰によりお亡くなりになりました。享年87歳。今日天寿を全うしたニュースは、その日夜に吉本興業から正式に発表されました。

桑原さんは、1955年に夢路いとし・喜味こいしの弟子入りを経て、新芸座で待望の初舞台を踏みました。その後、1961年に吉本新喜劇の前身「吉本ヴァラエティ」に入り、89年の「吉本新喜劇やめよッカナ?キャンペーン」では貴重なベテランとして、新喜劇の復活を支えました。

おそらく桑原さんの最も評価される演技は、和子ばあちゃんの役柄だったでしょう。これは、おばあさん役といった所謂女形「桑原和子」で、関西地方では非常に人気のキャラクターでした。

2000年7月には急性心筋梗塞で手術を受け、治療のために入院。静養を経て同年12月に舞台に復帰しました。この期間以降、体調を考慮しつつ活動を続け、その後も舞台に立っていました。その活動力は、18、19年には「コヤブソニック」、19年3月には「60周年ダヨ!よしもと新喜劇」にも出演しました。桑原さんの生涯最後の舞台は、20年10月の「よしもと大笑い祭り寄席」でした。

桑原さんの死去について、吉本興業は「故人生前に賜りましたご厚誼に深く感謝しますとともに、謹んでお知らせ申し上げます」と公式声明を発表しました。

敬具
吉本興業事務局

参照元
1. Yahoo! ニュース
2. ドコモ サイト

以上、ご報告いたします。
[1][2]

Share this article

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です