W杯ジャンプの創設者、トールビョルン・イグセト氏死去

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
Pocket
WhatsApp

ノルディック・スキー・ジャンプというのは1979年に創設の新しい競技なんですね。現役時代、彼は数々の優勝を経験し、1982年から22年間も国際スキー連盟(FIS)でジャンプ委員長を務めたノルディック・スキーの父と言われいている。

国際スポーツ記者協会(AIPS)によると、ノルディックスキー・ジャンプのワールドカップ(W杯)創設者でノルウェー人のトールビョルン・イグセト氏が10日、前立腺がんのため死去した。75歳だった。 [引用元 スポーツナビ|ニュース|オールジャンル|W杯ジャンプの創設者が死去]

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
Pocket
WhatsApp

Never miss any important news. Subscribe to our newsletter.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です