今のところAI化が進むと大量の水が必要

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
Pocket
WhatsApp
Datacenter for storing large amounts of data, and is an important hub for the internet
Datacenter for storing large amounts of data, and is an important hub for the internet
Datacenter for storing large amounts of data, and is an important hub for the internet

AIが進むと水の消費量が増える理由は、主にAI技術のトレーニングに必要なデータセンターの冷却装置が大量の水を消費するためです。以下に、その詳細を説明します。

  1. AI技術のトレーニングには大規模なサーバーファームが必要で、それを行うデータセンターには強力な冷却装置が必要です[2]。
  2. 例えば、OpenAIのGPT-3をトレーニングするのに必要だった冷却水の量は、70万リットルにも上ったという調査があります[2]。
  3. AIモデルのトレーニングに必要な水の量は、原子炉の冷却水タンクを満たせる量とほぼ同等であることがわかりました[2]。
  4. もし、これをエネルギー効率があまりよくないアジアのデータセンターで行うとすると、水の消費量は3倍にも跳ね上がる可能性があるといいます[2]。
  5. そして必要な水の量は、新しいモデルがでるごとに増えていくというのが研究チームの見立てです[2]。

このように、AI技術の発展に伴い、データセンターでの水の消費量が増加することが懸念されています。研究チームは、「世界的な水問題に対する総合的な取り組みの1つとして、(AIモデルの)ウォーター・フットプリントを優先的に対応する必要があります」と述べています[2]。

Citations:
[1] https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/f1da71035a3cbadf66fa159061016a4c89d4f29a
[2] https://www.gizmodo.jp/2023/04/chatgpt-ai-water-185000-gallons-training-nuclear.html
[3] https://newspicks.com/news/8791368/body/
[4] https://ai-market.jp/industry/fishing_ai/
[5] https://www.tifana.ai/case/817
[6] https://wisdom.nec.com/ja/feature/sdgs/2021120801/index.html

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
Pocket
WhatsApp

Never miss any important news. Subscribe to our newsletter.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です