The hottest news from everywhere for everyone!

大谷翔平の検査結果一問一答 ネビン監督「危ないところで、危機を逃れたようだ」

エンゼルスの大谷翔平投手が右脇腹の張りにより試合を欠場しましたが、フィル・ネビン監督によると、検査結果は少しの炎症があるだけで、大事に至らないようです。大谷はプレーしたがっているが、チームの判断により休養が必要とされています。この記事では、ネビン監督のコメントを通じて大谷の状態や今後の復帰について詳しく紹介します。

baseball with American flag
baseball with American flag

監督の試合前コメント

大谷の右脇腹の状態について、ネビン監督は以下のように語っています。

「きのう球場を出たときよりずっと良くなっているようだ。まだ様子を見ていかなくてはならないから、きょうはせスタメンでは出ない」

大谷の状態は良くなっており、まだ様子を見る必要があるため、試合には出場しないことを決めたとのことです。

負傷者リストに入るのか尋ねられた際には、「まだ様子を見るつもりだ」と答えています。検査結果についても「まだ様子を見ていく。これしか答えられない。彼の気分はきのうよりずっと良い」と述べています。

大谷は代打には出られる可能性があるとも語っており、「たぶん。こちらの秘密は全部明かさない」とコメントしています。

シャットダウンしても良い状況なのに、なぜ大谷はプレーしたがっているのかという質問に対しては、「それが彼だからだ。いまも彼は本当にプレーしたがっている。プレーできないことにがっかりしているし、もちろんわれわれ我々もプレーしてほしい。プレーしたいのは分かっているが、いまは様子を見るときで、状況を判断するために精密検査をした。(判断には)時間はかかる」と述べています。

また、大谷が欠場を決めた理由や大谷自身がプレーしたがっているにも関わらずチームの判断で休養させることになった理由については、「まずラインナップを決めるのは私だ。休みが必要ならば彼に伝えて、休ませる。最近はそれが少ないが、彼との対話はいつもうまくいっている。きょうはきのうのことで、もしかしたらもう1日(休み)が必要になるかもしれない。まだ、様子を見る必要がある。さっきもいったように、きのうよりはずっと良くなっているし、本人からきょうはプレーしたいとの話だったが、きょうは私が欠場を決めた」と説明しています。

監督の試合後コメント

試合後、ネビン監督は大谷の状態について以下のように述べています。

「少し炎症があるだけで、けがのうちには入らないようだ。彼はきょうもプレーしたがっていたが、もう1日、(様子見が)必要だと判断した。あすの出場は、彼が球場に来たとき、どんな状態かで判断する。彼は、危ないところで、危機を逃れたようだ」

大谷の検査結果は、少しの炎症がある程度で、けがには至らないということです。ネビン監督は1日の休養が必要だと判断し、明日の出場は大谷の状態を見て判断すると述べています。大谷は危ない状況を乗り越え、危機を回避したとのことです。

まとめ

エンゼルスのネビン監督によれば、大谷の右脇腹の張りについての検査結果は少しの炎症があるだけで、けがには至らないようです。大谷自身はプレーしたがっており、チームも彼のプレーを期待していますが、現時点では様子を見る必要があります。明日の出場も大谷の状態によって判断されることになります。大谷は危ない場面を乗り越え、危機を回避したとネビン監督はコメントしています。

大谷の状態が良くなり、早急に復帰できることを願いましょう。彼のプレーがチームにとって重要な要素であることは言うまでもありません。ファンとしては、大谷が早く復帰し、活躍する姿を見ることを楽しみにしています。

https://news.goo.ne.jp/article/sanspo/sports/mlb/sanspo-_sports_baseball_mlb_QOUKIP6PMNEKLALH5XN4G5AOSY.html

Share this article

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です