The hottest news from everywhere for everyone!

西武新宿駅の同時翻訳新システムって最高やん!

Source: upload.wikimedia.org

I. 導入背景

西武新宿駅のインバウンド需要

訪日外国人観光客の数が急速に回復しており、西武新宿駅でもインバウンド需要が高まっています。特に西武新宿駅は利用者が多く、国内外から多くの観光客が集まっています。

通訳ニーズの高まり

通訳サービスのニーズも高まっており、外国人旅行者との円滑なコミュニケーションをサポートする必要があります。これまで翻訳アプリなどを使用してきましたが、西武新宿駅では同時翻訳の新システムを導入することで、窓口でのやりとりをよりスムーズに行うことができるようになりました。 [1][2][3][4]

Source: img.news.goo.ne.jp

II. 「VoiceBiz UCDisplay」とは?

製品の概要

「VoiceBiz UCDisplay」は、西武鉄道が西武新宿駅で試験的に導入する同時翻訳の新システムです。以下に製品の概要をまとめました。

  • 高さ40センチの透明なディスプレイを使用する
  • 外国人旅行者との会話をスムーズに行うために開発されたシステム
  • 相手の話した内容を即座に日本語に翻訳し、画面に表示する
  • 駅員が話した内容を相手の言語に同時翻訳し、画面に表示する
  • 相手の表情やパンフレットを見ながらの会話が可能

この新システムの導入により、窓口でのやりとりがよりスムーズに行えることが期待されています。西武鉄道では、3か月の運用実証を経て、今年の秋から本格的な導入を目指します。

参考:VoiceBiz UCDisplay – 凸版印刷株式会社 [5][6]

Source: asset.watch.impress.co.jp

III. 試験導入の目的と期間

西武新宿駅では、同時翻訳の新たなシステムを試験的に導入することで、以下の目的を達成しようとしています。

  • 西武新宿駅の外国人旅行者へのサービス向上
  • 窓口でのやりとりをよりスムーズに行う
  • 訪日外国人の利便性を向上させる

試験期間は7月10日から9月末までで、試行時間帯は7時から20時です。 [7][8][9][10]

Source: asset.watch.impress.co.jp

IV. 使い方と利点

ディスプレイ越しに顔を見ながらの会話

新システムでは、翻訳アプリとは異なり、顔を上げ、透明なディスプレイ越しに相手の顔を見ながら会話することができます。これにより、より自然なコミュニケーションが可能となります。

翻訳結果の表示と確認方法

ディスプレイには話した内容が吹き出し状に映し出され、発言内容が正しく認識されているかを確認することができます。また、複雑な内容は撮影して後から見返すこともできます。このシステムを活用することで、対面での円滑な多言語コミュニケーションが実現できます。 [11][12][13][14]

Source: img.news.goo.ne.jp

V. 対応言語と仕様

12言語に対応

この新しい同時翻訳システムは、さまざまな言語に対応しています。以下の12言語に対応しています。

  • 日本語
  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
  • ドイツ語
  • フランス語
  • イタリア語
  • スペイン語
  • ポルトガル語
  • ロシア語
  • アラビア語
  • タイ語

これにより、多くの外国人旅行者にとって、より円滑なコミュニケーションが可能になります。

ディスプレイとモニターの仕様

この新しい同時翻訳システムは、以下の仕様を持っています。

  • ディスプレイ:透明なディスプレイを使用し、相手の表情を見ながらコミュニケーションができる
  • モニター:話した内容が表示されるモニターがあり、翻訳結果を確認できる

これにより、外国人旅行者と駅員の間でよりスムーズなコミュニケーションが可能になります。

この新しい同時翻訳システムは、西武新宿駅の窓口で試験的に導入され、効果が検証される予定です。迅速かつ正確な翻訳が行われることで、訪日外国人旅行者の利便性が向上し、より快適な旅行体験が期待できます。

参考リンク:

Source: prtimes.jp

VI. 期待される効果と本格導入計画

西武新宿駅に導入される同時翻訳の新システムには、以下のような効果と本格導入計画が期待されています。

円滑な多言語コミュニケーションの実現

  • 西武新宿駅の窓口での会話を透明ディスプレイを通じて行うことで、外国人旅行者との円滑なコミュニケーションが実現します。
  • 相手の表情を見ながら会話ができるため、より自然なコミュニケーションが可能です。
  • パンフレットや案内資料を見せながら説明することも容易になります。

2023年秋の本格導入目標

  • このシステムを3か月ほど運用して効果を検証したうえで、2023年秋からの本格的な導入を目指しています。
  • 西武鉄道は、訪日外国人旅行者の急速な回復を受けて、インバウンド受け入れ体制の強化に力を入れています。
  • 同時翻訳のシステム導入は、外国人旅行者向けのサービスを充実させるための一環です。

Share this article

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です