The hottest news from everywhere for everyone!

ニコニコ動画、大規模サイバー攻撃で一時停止 復旧は週明けの見通し

2024年6月8日、動画投稿サイト「ニコニコ動画」を運営するニコニコは、大規模なサイバー攻撃を受けたことを公表しました。同社は攻撃の影響を最小限に抑えるため、ニコニコ動画をはじめとするサービスを一時的に停止しています。

被害状況

ニコニコによると、6月8日午前3時23分ごろからサービス全体で不具合が発生し、午前6時から緊急メンテナンスに入りました。停止しているサービスは以下の通りです。

  • ニコニコ動画
  • ニコニコ生放送
  • ニコニコチャンネル
  • 外部サービスでのニコニコアカウントログイン

同日午後3時を過ぎても復旧のめどは立っていません。ゲームイベントの生中継の中止など、ユーザーへの影響も出ています。

原因と対策

ニコニコは公式サイトで「大規模なサイバー攻撃を受けている」と発表しました。攻撃の背景や関与した組織については不明です。

同社は現在、攻撃の経路や情報漏洩の有無を調査しているほか、セキュリティ対策を急いで実施しています。しかし、攻撃の影響を完全に排除できるまでは復旧作業に着手できないとしています。

今後の見通し

ニコニコは「少なくともこの週末中は復旧の見込みがない」と説明しています。今後の進捗状況については6月10日(月)に改めて発表される予定です。

クレジットカード情報の漏洩は確認されていないものの、ユーザーデータの保護が最優先課題となります。サービス再開後は、システムの脆弱性対策や監視体制の強化など、抜本的なセキュリティ対策が求められそうです。

総括

今回の事態は、ニコニコにとって深刻なダメージとなっています。ユーザーの信頼回復に向けて、迅速な原因究明と再発防止策の実行が欠かせません。サイバーセキュリティ対策は経営の喫緊の課題となり、同社の対応が注目されます。

Share this article

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です