宮森氏に辞任勧告:日本国内で麻取締役の前社長、ゴーゴーカレーの創業者

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
Pocket
WhatsApp
日製麻、前社長でゴーゴーカレー創業者の宮森取締役に辞任勧告 | ロイター
Source: newsdig.ismcdn.jp

宮森宏和取締役の辞任勧告理由

2023年11月29日、日本製麻(日製麻)は、前社長でゴーゴーカレー創業者の宮森宏和取締役に辞任を勧告したことを発表しました。経営陣の退陣を求めて1月に臨時株主総会を要求したゴーゴーカレー(金沢市)による日製麻の株取得に関して、宮森氏がインサイダー取引によって法令に違反した可能性があると判断したためです。

具体的には、今年7-8月に行われた株式取得に対し、宮森氏とみられる人物の法令順守意識の欠如を指摘する調査報告書が作成されたため、日製麻は宮森氏に対して辞任勧告を行いました。また、7月以降の役員報酬の返還も勧告されており、取締役の職務執行停止の措置も継続することとされました。

日本製麻株取得に関するゴーゴーカレーの反論

ゴーゴーカレーグループは、経営陣の退陣を求めて1月に臨時株主総会を要求し、4月に宮森氏を社長とする経営体制に移行しました。しかし、日製麻は8月に宮森氏を解職し、その過程で株式取得にインサイダー取引規制に違反する疑惑があったとして特別調査委員会が調査していました。この結果、宮森氏に辞任勧告が出されたことになります。

役員報酬の返還要求

前述の通り、宮森氏は今年7-8月に行われた株式取得に関してインサイダー取引により法令に違反する可能性があると判断され、辞任勧告が行われました。さらに、役員報酬についても勧告が行われました。具体的には、宮森氏に対して7月以降に支払われた報酬の返還を勧告しています。

株式取得にインサイダー取引規制に違反する疑惑

2023年8月、日本製麻(以下、日製麻)は、今年7-8月の株式取得に関して、インサイダー取引に該当する疑惑があるとして、弁護士らの特別調査委に調査を依頼しました。2023年11月に公表された調査報告によると、日製麻株の取得には、インサイダー取引に該当する疑いがあり、法令に違反する可能性があると判断されました。調査報告では、特定の事情を知る者によって株式取得が行われた可能性があると指摘しており、株価に影響を与える情報が事前に漏れた可能性があるとしています。

日製麻株取得問題による影響

ゴーゴーカレーGの前社長である宮森宏和氏による、日本製麻株式取得問題によって、日本製麻の株価は大きな動きを見せました。問題が浮上する前の8月16日の終値は1,069円でしたが、問題が報じられた8月23日の取引日には、1,054円と15円下落しています。その後8月24日には、一時的に株価が1,000円を下回る場面も見られました。株価はその後持ち直し、8月31日の終値は1,077円となりましたが、問題によるマイナス要因が株価に影響を与えたことが示唆されています。

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
Pocket
WhatsApp

Never miss any important news. Subscribe to our newsletter.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です