The hottest news from everywhere for everyone!

AIの技術で下半身不随の人が12年ぶりに自分の足で歩いた話

科学者がパラリンピック選手を再び歩かせるための技術を開発

スイスの研究者たちは、脳と脊髄に電子インプラントを埋め込むことで、下半身が不自由な40歳の男性が再び自力で歩くことを可能にした。この仕組みは、男性の脳から生み出される思考をワイヤレスで脚へ伝送する。効果的なリハビリの一環として試験的に行われているこの技術は、その男性に「人生を変える」可能性をもたらしました。

ゲルト-ヤン・オスカム
Source: image.itmedia.co.jp

被験者であるオスカム氏とその技術

被験者、ゲルト-ヤン・オスカム氏は12年前の自転車事故で脊髄損傷を負い、下半身不随となっていた。彼はこの技術に導入され、頭部に装着されているセンサーを通じて脳信号をコンピュータに送信することができるようになりました。

患者名:ゲルト-ヤン・オスカム
年齢:40歳
国籍:オランダ
事故からの経過年数: 12年
インプラント種類:脳および脊髄

一方で、開発した研究チームは、あくまで基礎研究段階であり、実用化まではまだ時間がかかることを強調しています。しかしながら、技術が通常の生活に役立ち、より多くの患者が利益を得られるようになることを目指しています。

その効果と応用

この電子インプラントによる治療は、大きな可能性を示しています。オスカム氏は歩行の他にも立つことや階段の昇降も再び可能になりました。「長い旅路でしたが、今では立って友人とビールを飲むことができます」と彼は語ります。

この技術は将来的に小型化され、より使いやすく進化した形で広く公開される予定です。研究現場から日常生活へと発展する中、電子インプラントテクノロジーはますます進歩し、私たちの生活を改善し続けることでしょう。

詳細な研究成果は「Nature」誌上で公開されています。また、この技術はまだ試験段階であり、実用化までは数年かかる見込みです。
[1][2]

Share this article

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です