今回仕事でバファローのVR-U500X 1台とVR-U300W 2台とでネットワーク構成を構築

今回は、仕事でバファローのVR-U500X1台とVR-U300W 2台を使って、ネットワーク構成を構築することになりました。既存のVoIPの電話やファックスがあるため、NTTのROUTERに接続されたネットワークONUが存在します。新しいルーターをLAN経由でマルチセッションすることで、新しいネットワークを構築していくことになります。

使用する機器

A. VR-U500Xについて

バッファローの法人向け有線VPNルーターであるVR-U500Xについてご紹介いたします。この製品は、複数の拠点間で安全なVPN(仮想専用線ネットワーク)を構築することができます。IPsec VPNによる拠点間接続により、ネットワーク資産を安全に共有することができます。さらに、256bitの暗号化キーとよりセキュアな通信プロトコル「IPsec」に対応しており、高度なセキュリティーを実現しています。デュアルWAN機能やダイナミックDNSサービスなど、便利な機能も備えています。さらに、バッファローのリモート管理サービス「キキNavi」との連携も可能です。高品質な製品で、安定したネットワーク稼働を実現することができます。 [1][2]

B. VR-U300Wについて

VR-U300WはバッファローのVPNルーターの一つであり、中小企業や拠点間の通信に適しています。このモデルは、Wi-Fi 6に対応しており、最大1200Mbpsの高速通信が可能です。IEEE 802.11axに準拠しており、周波数帯ごとに最大128台の接続が可能です。また、L2TP over IPsecにも対応しており、テレワークなど自宅から社内ネットワークへの通信も安全に行うことができます。設定は日本語UIで行え、バッファローのリモート管理サービス「キキNavi」やネットワーク管理ソフトウェア「WLS-ADT」にも対応しています。この高性能なルーターは、拠点間のセキュアな通信を実現し、中小規模のビジネスに最適な選択肢です。 [3][4]

C. NTTのROUTERについて

NTTのROUTERは、既存のVIoPの電話やファックスと接続している重要なネットワーク機器です。今回のネットワーク構成では、バッファローのVR-U500XとVR-U300WをLAN経由でNTTのROUTERにマルチセッションすることになります。NTTのROUTERは、安全性とセキュリティーを確保するためにIPsec VPNに対応しており、高度な暗号化技術でデータの共有が可能です。また、リモートアクセスにも対応しており、オフィス外からのデータアクセスも便利に行えます。NTTのROUTERは、ネットワーク構築において重要な役割を果たします。 [5][6]

ネットワーク構成

A. VIoPの電話とファックスについて

VIoPの電話とファックスは、ネットワーク構築において重要な要素です。これらの機器には、オフィス内外での通信や業務の円滑な遂行に必要な機能が備わっています。新しいルーターをLAN経由でマルチセッションすることで、より効率的な通信とデータの共有が可能となります。VIoPの電話は、インターネットを通じて音声通話を行うため、通信料の削減や柔軟な通話環境を提供します。また、ファックスは重要な文書を安全に送信する手段として利用されます。これらの機器を適切に配置し、新しいルーターとのマルチセッションを構築することで、より効果的なコミュニケーション環境が整備されるでしょう。 [7][8]

B. 新しいルーターとのマルチセッションについて

新しいルーターとのマルチセッションについて、バッファローのVR-U500XとVR-U300Wは、拠点間のセキュアなネットワーク接続を可能にします。これにより、オフィスのサーバーやパソコンへのリモートアクセスが簡単に行えます。また、L2TP over IPsecの対応により、自宅や外出先からオフィスのデータにも安全にアクセスできます。さらに、ダイナミックDNSサービスの利用や10Gbps対応のポート搭載など、多機能・高性能なルーターです。その上、直感的な設定やバッファローのリモート管理サービスにも対応しており、遠隔地からの操作や監視も容易に行えます [9][10]

Table of Contents