The hottest news from everywhere for everyone!

行きは良いが帰りはどうやって戻ってくるのであろうか?

新技術に踏み切る、しかしより重要な疑問が残る

 

エアシーズ社のシーウィング技術
Source : www.cnn.co.jp

海運業が再生可能エネルギーを利用するプロジェクトは多く存在している。一方で、まだまだ未解決の重要な問題が存在する。「行きは良いが帰りはどうやって帰ってくるのであろうか?」 

  • シーウィング技術の導入

エアシーズ社のシーウィングテクノロジーを利用する貨物船が現在米仏間を試験的に運航している。このシーウィング技術は1000平方メートルの特製カイトを用いて、自然の風力を燃費削減につなげる新技術である。しかし、これらの船舶が目的地に到着した後にどうやって帰港するのかというのが、依然として大きな問題となっている。

  • 目的地への到着後の帰路

現在、エアシーズ社のプロジェクトは船舶が目的地にたどり着く最適な手段を開発してきた。しかしながら、船舶が目的地に到着した後、帰港する方法については明確な答えがない。帰路の風力が必ずしも有利な形で吹いていない場合、このシーウィング技術は適用できない可能性があり、この問題の解決策は、今後の開発作業の中で重要な焦点となる。

  • 帰路のチャレンジ

シーウィング技術の導入により、船舶は次の目的地へ向かう際に風向きが好条件で、良好な燃費効率を達成できる。しかし、帰路の風向きが不利になった場合、風力の装置を再度使用することが可能かどうかは検証作業の途中である。

  • 次のステップ

エアシーズ社の今後のステップは、帰路の問題を解決する。そのためのハードウェア修正やソフトウェアのアップデートを検討する等の対策が必要である。

エアシーズ社のシーウィング技術の展開は、海運業界における二酸化炭素排出量の削減に一層貢献すると期待されている。しかし、その成果をあげるためには、これらの未解決の問題に対して答えを見つけることが重大なチャレンジとなる。

Share this article

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です