The hottest news from everywhere for everyone!

「Suicaアプリ」で経済圏を拡大するJR東日本の新戦略

JR東日本は2028年に「Suicaアプリ」をリリースし、Suica IDの統合を行う計画を発表しました。これは2033年度を見据えた中長期ビジネス成長戦略「BeyondtheBorder」の一環で、Suicaアプリには交通系ICカード機能に加え、決済、ポイントサービス、チケット購入などの機能が統合される予定です。JR東日本はこのアプリを通じて非交通分野への事業展開と経済圏の拡大を目指しています。新規顧客層の開拓と収益源の多角化を図り、新サービスによる成長を促進するとともに、地域活性化にも貢献することが期待されています。一方で、システム統合の技術的難易度、他社との競合、利用者プライバシーの保護など、実現に向けた課題も存在します。

1. Suicaアプリの機能統合

Suicaアプリでは、従来の交通系ICカード機能に加え、決済・ポイントサービス、チケット購入機能が一つのアプリに統合されます。利用者は単一のアプリから様々なサービスを利用できるようになり、利便性が大幅に向上します。

交通系ICカード機能

Suicaの根幹である交通系ICカード機能は、そのままアプリに継承されます。改札の自動改札機でSuicaをタッチするだけで、スムーズに乗車できます。定期券の購入や残高確認なども、アプリ上で行えるようになります。

決済・ポイントサービス

Suicaアプリには決済機能が搭載され、実店舗やオンラインショップでの支払いに利用できます。JR東日本が運営する「JRE POINT」のポイントサービスとも連携し、ポイントの確認や利用もアプリ上で可能になります。

** Suicaアプリの機能 **
- 交通系ICカード
- 決済機能
- ポイントサービス
- チケット購入

チケット購入機能

Suicaアプリでは、鉄道チケットはもちろん、コンサート、スポーツ観戦、博物館の入場券など、様々なチケットの購入とデジタル化された受け渡しが可能になります。アプリ上でチケットを事前に購入し、会場で提示するだけで入場できます。

2. 経済圏拡大の狙い

JR東日本は、Suicaアプリを足がかりに非交通分野への進出を図り、経済圏の拡大を目指しています。その狙いは以下の3点にあります。

非交通分野への事業展開

Suicaアプリの機能拡張により、JR東日本は交通分野に留まらず、決済、チケッティング、マーケティングなど、様々な非交通分野への事業展開が可能になります。新規事業の立ち上げや他社との協業を通じて、収益源の多角化を図ることができます。

新規顧客層の開拓

従来のSuicaは主に鉄道利用者が対象でしたが、Suicaアプリでは非交通分野のサービスが提供されるため、新たな顧客層を開拓できる可能性があります。若年層や観光客など、これまでSuicaを利用していなかった層の取り込みが期待できます。

収益源の多角化

Suicaアプリを介した決済手数料の収入や、マーケティングデータの販売収入など、JR東日本の収益源が多角化されることが見込まれています。交通収入に過度に依存しない経営体制の構築が可能になり、リスク分散にもつながります。

3. BeyondtheBorderの戦略

「BeyondtheBorder」は、JR東日本が2033年度を見据えて策定した中長期ビジネス成長戦略です。この戦略の中核をなすのが、Suicaアプリの創出による「Suica経済圏」の拡大です。

2033年度を見据えた長期戦略

人口減少や少子高齢化が進む中で、JR東日本を取り巻く事業環境は大きく変化しています。この構造的な変化に対応するため、10年後の2033年度を見据えた長期的な戦略が必要とされました。

$$
\text{2033年度の目標} \
\begin{cases}
\text{生活ソリューション営業収益} &: \text{約1兆7,000億円} \
\text{生活ソリューション営業利益} &: \text{約3,400億円}
\end{cases}
$$

上記の目標を達成するため、Suicaアプリを中心とした新たな事業展開が不可欠とされています。

新サービスによる成長促進

Suicaアプリを軸に、移動と生活を融合したサービスが次々と生み出されることが期待されています。例えば、以下のようなサービスが提供される可能性があります。

  • 健康データと改札の連携で、健康状態に合わせた食事の提案
  • EC購入履歴と駅の改札を連携した配送予約
  • スケジューラーと連携した出張の手配

Suicaアプリのサービスイメージ

このようなサービスの拡充により、JR東日本グループの成長が一層促進されることでしょう。

地域活性化への貢献

Suicaアプリを通じた経済圏の拡大は、地域活性化にも大きく貢献すると考えられています。例えば、地方自治体とのタイアップにより、観光地の入場券やクーポン、イベント情報などをアプリ上で提供することが可能になります。このようなサービスは、地域の賑わいづくりと経済活性化に寄与するでしょう。

4. 実現に向けた課題

Suicaアプリの構想は大がかりなものですが、実現に向けてはいくつかの課題も存在します。JR東日本はこれらの課題を乗り越える必要があります。

システム統合の技術的難易度

Suicaアプリでは、交通系ICカード、決済、チケッティングなど、様々なシステムが統合されます。これらの既存システムを無理なく統合し、スムーズな運用を実現するには、高度な技術力が必要不可欠です。

また、今後10年間で順次新機能が追加されていくため、拡張性の高いシステム設計が求められます。システム統合の技術的難易度は決して低くありません。

他社との競合とサービス差別化

Suicaアプリと同様のスーパーアプリは、他社からも次々とリリースされる可能性があります。PayPayやLINE、楽天などの決済アプリ、メガバンクのスマホアプリなどが、Suicaアプリの強力な競合となるでしょう。

これらの競合アプリとの差別化を図り、Suicaアプリの優位性を確立することが課題となります。JR東日本の強みである交通データの活用や、地域密着型のサービス展開などが、差別化の鍵を握るかもしれません。

利用者プライバシーの保護

Suicaアプリでは、利用者の移動データや購買データ、健康データなど、様々な個人情報が集約されます。これらのビッグデータを適切に管理し、プライバシーを保護することが不可欠です。

一方で、収集したデータを効果的に活用することも重要です。データの利活用とプライバシー保護のバランスをどう取るかが、大きな課題となるでしょう。

Suicaアプリの構想は、JR東日本にとって大きなチャンスですが、乗り越えるべき課題も多く存在します。しかし、これらの課題を着実に解決していけば、日本を代表する経済圏の創出に成功するはずです。

参考URL

Share this article

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です