The hottest news from everywhere for everyone!

街中の防犯カメラと犯罪とプライバシー

私は街中に防犯カメラが増え、犯罪抑制になるのは賛成です。最僕は街中に防犯カメラが増え、犯罪抑制になるのは賛成です。一方でカメラ側のプライバシー保護のモラルは、広い意味で国に頑張っていただきたい。近、滋賀県内での防犯カメラの数が増え続けているとの報道がありました。朝日新聞デジタルによると、1月時点で4万台以上の設置が把握され、年間約3千台ほど増えているそうです。これは容疑者の検挙に重要な役割を果たしている一方で、プライバシーに関する課題も浮き彫りにされています。

 

街中の防犯カメラ
Source : www.meti.go.jp

防犯カメラは様々な事件捜査に役立てられています。例えば、万引き事件やわいせつ被害など、防犯カメラの映像を活用して容疑者の特定や足取りの追跡が行われています。昨年9月にはドラッグストアでの万引き事件が発生し、防犯カメラの映像を確認することで容疑者を特定し、2カ月後に逮捕されました。また、同じく昨年11月にはわいせつ被害が発生し、防犯カメラの映像を活用して容疑者を逮捕することに成功しました。

滋賀県警察では、このような捜査をスムーズに進めるために、捜査支援分析課が設置され、防犯カメラ映像の捜査や分析、現場との共有などを行っています。このような取り組みにより、容疑者の早期逮捕が可能になり、犯罪抑制にもつながっています。

一方で、防犯カメラの運用に伴うプライバシーの保護も重要な課題です。滋賀県は「防犯カメラの運用に関する指針」を策定しており、不特定多数の人が出入りする公共施設や量販店、自主防犯組織などの防犯カメラを対象にしています。一般住宅は含まれていないため、個人のプライバシーは一定の保護がなされています。

指針では、撮影した画像を適正に管理し、映っている人のプライバシーを保護することが目的とされています。画像の利用や提供は、法令に基づく場合や緊急かつやむを得ない場合、または犯罪捜査の目的による要請を受けた場合に制限されています。また、保存期間も法令等に基づく場合や捜査機関からの要請を除き、2週間程度とされています。

しかしながら、指針に従わなかった場合でも罰則はなく、県警察は防犯カメラを設置した住宅や店舗などに個別に協力を依頼しているそうです。プライバシーに十分な配慮をして、捜査に必要のない人物の追跡などは行われていないと説明されています。

防犯カメラの増加は滋賀県内の刑法犯の認知件数の減少にも関連しているとされています。防犯カメラの性能の向上と台数の増加が、犯罪抑制に寄与していると考えられています。

さらに、防犯カメラや分析システムの性能は進化し続けています。最新の技術を活用したAI搭載のシステムやセンサーを搭載した特殊なカメラなどが開発されており、防犯や災害時の対応にも役立っています。

私は街中に防犯カメラが増え、犯罪抑制になるのは賛成ですが、一方でカメラ側のプライバシー保護のモラルも重要です。国や関係機関は指針の適切な策定や監視を行うことで、防犯とプライバシーの両立を図るべきだと考えます。

Share this article

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です