The hottest news from everywhere for everyone!

マイクロソフトの新機能「Recall」、プライバシーと安全性を最優先に延期 – Appleに対抗するAI戦略の行方

マイクロソフトは、Copilot+ PCの新機能「Recall」の一般提供を延期すると発表しました。この機能は、PCの画面上で表示された内容を自動的にスナップショットとして保存し、後から検索できるようにするものです。しかし、プライバシーと安全性への懸念から、まずはWindows Insiderプログラムで限定公開し、フィードバックを収集することにしました。 マイクロソフトは、Recallの導入に際して、デフォルトでオフにし、ユーザーが明示的に有効化する必要があるようにします。さらに、Windows Helloによる生体認証を必須とし、スナップショットはローカルに保存され、クラウドには送信されないなどの対策を講じています。 この延期の背景には、AppleがAIの倫理的側面を強調したことで、マイクロソフトが対抗を余儀なくされたことが考えられます。マイクロソフトは、AIの利便性と信頼性のバランスを取ることを目指しており、Recallはその試金石となりそうです。

1. マイクロソフトのAI戦略の現状

1.1 Copilot+ PCとAIの活用

マイクロソフトは2024年5月20日、Copilot+ PCを発表しました。これは、AIを活用した最新のWindows PCで、パフォーマンスと生産性の向上を目指しています。Copilot+ PCには、ニューラルプロセッシングユニット(NPU)が搭載されており、クラウドとデバイス上のローカル処理の両方を活用できる分散コンピューティングモデルを採用しています。

この新しいアーキテクチャにより、ユーザーとデベロッパーにはプライバシーとセキュリティを選択できる柔軟性が与えられます。マイクロソフトは、Secure Future Initiative(SFI)の下、AIの変革的な可能性を活かしながら、プライバシー、安全性、信頼性を確保することを目指しています。

1.2 セキュリティ強化の取り組み

マイクロソフトは、Copilot+ PCのセキュリティ強化に注力しています。すべてのCopilot+ PCは、Secured-core PCとなり、ファームウェアの保護とダイナミックルートオブトラストの測定により、チップからクラウドまでの高度なセキュリティを実現します。

さらに、マイクロソフトPlutonセキュリティプロセッサがデフォルトで有効化され、ゼロトラストの原則に基づいて認証情報、ID、個人データ、暗号化キーを保護します。また、Windows Hello Enhanced Sign-in Security(ESS)により、パスワードを必要とせずに生体認証によるサインインが可能になります。

2. Recallの機能と意義

2.1 Recallの仕組み

Recallは、Copilot+ PC専用の新機能です。PCの画面上に表示された内容を定期的にスナップショットとして保存し、それらを暗号化して端末にローカルに保存します。AIによりスナップショットの内容を解析し、アプリ、ウェブサイト、画像、ドキュメントなどの情報を視覚的なタイムラインとして表示できます。

+---------------+
|      画面      |
+---------------+
        |
        | スナップショット
        V
+---------------+
| 暗号化・ローカル保存 |
+---------------+
        |
        | AI解析
        V
+---------------+
|  視覚的タイムライン |
+---------------+

ユーザーは、Recallを使ってこれまでに表示した内容を視覚的に辿り、必要な情報を簡単に見つけられます。完全にプライベートな”写真記憶”のようなものです。

2.2 生産性向上への貢献

Recallは、ユーザーの生産性向上に役立つ機能です。ウェブブラウザの履歴を見直すよりも、視覚的なタイムラインで情報を探す方が直感的で効率的です。オンラインコースの復習や、PowerPointの内容確認なども容易になります。

さらに、Recallにはきめ細かな設定オプションが用意されています。スナップショットから除外したいアプリやウェブサイトを指定したり、一部または全てのスナップショットを削除したりできます。ユーザーは自分の使い勝手に合わせてRecallをカスタマイズでき、より快適に活用できます。

3. プライバシーと安全性への懸念

3.1 スナップショットのプライバシーリスク

Recallの利便性の一方で、プライバシーへの懸念も存在します。PCの画面上に表示された個人的な情報がスナップショットとして保存されるため、第三者に見られるリスクがあります。

マイクロソフトはこの問題を認識しており、以下の対策を講じています。

  • スナップショットはローカルに保存され、マイクロソフトやその他の企業と共有されない
  • デフォルトではRecallは無効になっており、ユーザーが明示的に有効化する必要がある
  • Windows Helloによる生体認証が必須となり、認証されたユーザーのみがスナップショットにアクセスできる
  • 管理者でもユーザー間でスナップショットを見ることはできない(ユーザー毎の暗号化)
  • デジタル著作権管理されたコンテンツやプライベートブラウジングではスナップショットは保存されない

このように、マイクロソフトはプライバシー保護に最大限の配慮をしています。

3.2 マルウェア対策の重要性

スナップショットにはプライバシー情報が含まれる可能性があるため、マルウェアからの保護が重要になります。マイクロソフトは、Recallデータへのアクセスを防ぐために、以下のセキュリティ対策を講じています。

  • Windows Hello認証時のみスナップショットが一時的に復号化される
  • 検索インデックスデータベースが暗号化される
  • SmartScreenやDefenderなどの高度なAIマルウェア対策が有効になる

さらに、Copilot+ PC自体のセキュリティが強化されています。Secured-corePC、Plutonセキュリティプロセッサ、Windows Hello生体認証の採用により、ハードウェアからソフトウェアまで包括的な多層防御が実現しています。

4. 延期の背景とAppleとの対立

4.1 Appleの倫理的AIへの取り組み

マイクロソフトがRecallの提供を延期した背景には、AppleのAI戦略の影響が考えられます。AppleはAIの倫理的側面を重視しており、プライバシーと安全性を最優先に掲げています。

このスタンスに対し、マイクロソフトは対抗を余儀なくされました。Recallのようなユーザー体験の向上と、プライバシーやセキュリティの確保を両立させる必要に迫られたのです。

4.2 マイクロソフトの対抗戦略

マイクロソフトは、Recallの一般提供を延期し、まずはWindows Insiderプログラムで限定公開することで、ユーザーフィードバックを収集する方針を取りました。これにより、プライバシーと安全性に関する懸念に対処しつつ、AIの利便性も追求できると考えられています。

Recallの設定をデフォルトでオフにしたり、生体認証を必須にしたりと、セキュリティ対策も強化されています。マイクロソフトは、AIの変革的な可能性を最大限に活かしながら、信頼性の確保を目指しているのです。

5. 今後の展望と課題

5.1 フィードバックを踏まえた改善

マイクロソフトは、Windows Insiderプログラムでのフィードバックを基に、Recallの改善を重ねていく方針です。ユーザーの実際の使用シーンから得られる知見を活かし、操作性やプライバシー設定を最適化することが期待されます。

また、企業のITアドミニストレーターにRecallの無効化権限を与えるなど、顧客の選択肢も広げられています。マイクロソフトは、ユーザーとの対話を通じて、Recallを磨き上げていくことでしょう。

5.2 AIの倫理と信頼性の確保

Recallをめぐる議論は、AIの倫理的側面と信頼性の確保が重要であることを改めて示しています。マイクロソフトは、AIの利便性を追求する一方で、プライバシーやセキュリティを軽視することはできません。

Recallは、マイクロソフトがAIの変革的な可能性とユーザーの信頼を両立させる試金石となりそうです。同社は、倫理とセキュリティを最優先しながら、AIの恩恵をユーザーに届けていく必要があります。この課題に向き合い続けることが、マイクロソフトのAI戦略の鍵を握っているのかもしれません。

Citations:
[1] https://blogs.windows.com/windowsexperience/2024/06/07/update-on-the-recall-preview-feature-for-copilot-pcs/?fbclid=IwZXh0bgNhZW0CMTAAAR2vxHClHEQoC1SFQhafFdvovRZ2XZ2IhJ5VnC7rxiswXHbnSmK3VCdvoWI_aem_ZmFrZWR1bW15MTZieXRlcw

Share this article