1万円札が宙に舞う 不燃ごみの中から現金400万円、福山市

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
Pocket
WhatsApp
1万円札が宙に舞う 不燃ごみの中から現金400万円、福山市
Source: www.yomiuri.co.jp

2023年1月17日、広島県福山市のリサイクル工場で、驚くべき出来事が発生した。同工場の不燃ごみの中から、なんと約400万円相当の現金が見つかったのである。これは、作業員が不燃ごみを処理するため、ダンプカーに荷台へごみを落とし込んでいる最中に発覚した。

現金の発見の詳細

  • 発見されたのは、1万円札383枚とその断片が17枚。
  • 不燃ごみは、市内全域から集められたもので、小型家電や陶器などが含まれていた。
  • ごみは粉砕後、金属が取り除かれていた状態で現金が混じっていた。
  • 現金の発見があった17日は、リサイクル工場に大量のごみが集まる回収日だった。

福山市の対応

福山市はこの出来事を受け、拾得物としての措置を取った。福山東署にて現金は保管され、所有者の特定を目指している。しかし、福山市環境施設課はこれほどの現金がごみの中から見つかった例を記憶しておらず、事態の異例さに驚きを隠せませんでした。

法的措置と今後の展開

持ち主が現れなかった場合の法的な措置も進められている。福山市は、見つかった現金に関して持ち主からの謝礼請求や、見つからなかった場合の金銭の権利主張を放棄した。現金は保管された後、2023年2月20日まで福山東署で保管される予定である。

市民からの反応

このニュースは広島県内のみならず、国内外にも速報として伝えられ、多くの人々の関心を集めました。現金が見つかることは稀で、しかもこれほどの大金が見つかった事例はさらにまれであるため、市民の間では多くの憶測が飛び交い、注目を浴びています。

終わりに

福山市にて発生した現金発見事件は、私たちに思わぬ場所からの予期せぬ収穫があるかもしれないとの希望を与える一方で、所有物を慎重に取り扱うべきだという教訓も与えています。現金の持ち主が見つかり、幸福な結末を迎えることを願うばかりです。

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
Pocket
WhatsApp

Never miss any important news. Subscribe to our newsletter.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です