福山城400年記念誌「令和の大普請」が登場!福山市の歴史と文化を彩る一冊

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
Pocket
WhatsApp

2022年、広島県福山市にある福山城が築城400年を迎え、その記念事業として発刊された記念誌「令和の大普請」について詳しく紹介します。記事では、福山城の歴史や文化、記念事業の取り組みなどに焦点を当て、この限定発売の記念誌に込められた意義や魅力に迫ります。

image
福山城400年記念誌「令和の大普請」が登場!福山市の歴史と文化を彩る一冊 2

福山城とは

福山城は、日本の広島県福山市に位置する歴史的な城であり、築城は慶長5年(1600年)に遡ります。毛利氏の居城として栄え、福山市のシンボルとして親しまれてきました。戦国時代から現代まで、福山城は時代と共に移り変わる歴史を刻んできました。

令和の大普請 – 400年記念事業

「令和の大普請」と名付けられた400年記念事業では、福山城の天守を耐震改修するとともに、戦時中に焼失した旧天守の北壁に施されていた鉄板張りを復元するなど、福山城の保存・復元活動が行われました。また、関連する文化事業も展開し、福山市の歴史と文化を広く紹介する取り組みが行われています。

400年記念誌「令和の大普請」について

オールカラー245ページの記念誌は、福山城の造形美や歴史的背景、記念事業の詳細などを写真を交えながら紹介しています。この記念誌は400冊限定で抽選販売され、1冊5千円で入手可能です。購入希望者は福山市文化振興課のホームページから申し込むことができます。

記念誌の魅力

「令和の大普請」には、福山城の貴重な資料や写真が満載されており、福山城に関心のある方々にとって貴重な一冊となっています。築城400年を迎えた福山城の歴史や文化に触れることで、地域の魅力を再発見するきっかけとなること間違いありません。

記念誌の入手方法

福山市文化振興課のホームページからオンラインでの申し込みが可能です。申込締め切りは2月18日となっており、購入希望者はお早めに手続きを行うことをおすすめします。また、詳細や問い合わせ先については同課(084・928・1117)へお問い合わせください。

まとめ

福山城築城400年を祝い、歴史と文化を称える「令和の大普請」記念事業。その一環として発刊された記念誌は、福山城の魅力を存分に伝える貴重な資料となっています。ぜひこの機会に手に入れて、福山市の豊かな歴史に触れてみてはいかがでしょうか。


福山市の歴史と文化を体現する福山城築城400年記念誌「令和の大普請」は、地域住民だけでなく歴史愛好家や観光客にも価値ある一冊です。ぜひこの機会に手に入れて、福山市の魅力を存分に堪能してください。

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
Pocket
WhatsApp

Never miss any important news. Subscribe to our newsletter.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です