The hottest news from everywhere for everyone!

次世代CarPlayの記事を読んで、もっとその先を思う

こういうのを見せられると、もっと先を考えてしまう。

・ドライブコントロール

今でも自動運転技術は上がって言っているが、将来、CarPlayが、ステアリング、車のカメラ、センサーと融合して自動運転をCarPlayで出来るようになるのであろうか。つまり、アップルは車を量産せずとも車をApple化してしまうわけだ。お好きなメーカー、エンジン(モーター)、スタイルを選んでください。運転は全てiPhone(CarPlay)にお任せ!って感じ。

車に乗ったら、iPhoneをセットする。iPhoneで行き先を指定してGo!

するとあとは、iPhoneに登録してあるドライバーの好みの音楽、好みのシート構成、温度設定をしてくれるわけだ。しかも、車を乗り換えてもiPhoneを取り出して持ち込めば先ほどの設定のまま車はカーナビを続けてくれる。

そんなことが出来るようになりそうだね。

2023年後半登場見込み、次世代CarPlayはどうなる? – iPhone Mania:

次世代CarPlayでは、車の計器類、すなわちスピードメーター、タコメーター、燃料計、水温計、距離計などとの統合が行われます。

Appleによると、ユーザーはこれらの計器をCarPlayから確認し、調整可能になります。またディスプレイに表示される計器のデザインやレイアウト、文字のフォントやカラーなどを自由に変更することも可能になるそうです。

車内の温度や座席の冷暖房もCarPlayで操作

車内の温度調整や送風の強弱の調整、シートの冷暖房、ハンドルヒーターのオン・オフも、CarPlayから操作することができます。

CarPlay Next Generation Screen 580x324

Share this article

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です