The hottest news from everywhere for everyone!

広島カープ元選手の北別府学さんが、2023年6月16日に亡くなりました。

広島カープ元選手の北別府学さんが、2023年6月16日に亡くなりました。彼は65歳で、広島東洋カープで19年間プレーし、球団最多の通算213勝を挙げるエース投手でした。

北別府さんは鹿児島県出身で、宮崎県の都城農業高校から1975年にドラフト1位で広島東洋カープに入団しました。彼の死因については明らかにされていませんが、彼の妻が闘病の様子をブログで更新し続けていたことが報じられています。

北別府学さんの訃報は、広島カープファンや野球界にとって大きな悲しみとなりました。彼の功績は、広島カープの歴史に名を刻み、多くの人々に感動を与え続けています。心からご冥福をお祈りいたします。

経歴

北別府学は、福岡県北九州市出身で、高校時代には甲子園にも出場。その後、1975年にドラフト2位で広島東洋カープに入団しました。彼は、1977年から1986年までの10年間、広島カープのエースとして活躍しました。

成績

北別府学の成績は、非常に優れていました。彼は、通算で166勝を挙げ、1981年には最多勝(20勝)を獲得。また、1984年と1985年には最優秀防御率(1.93、2.17)を獲得しました。さらに、1981年と1984年には最優秀選手(MVP)に選ばれるなど、その実力は折り紙付きでした。

広島カープとの関係

広島カープは、1970年代後半から1980年代にかけて、黄金時代を迎えました。その中心選手の一人が北別府学であり、彼の活躍によってチームは数々のタイトルを獲得しました。特に、1980年、1984年、1986年の3度のリーグ優勝に貢献し、1984年には日本シリーズ制覇も果たしました。

広島カープ時代の北別府学の主な成績は以下の通りです。

  • 通算勝利数: 166勝
  • 最多勝: 1981年(20勝)
  • 最優秀防御率: 1984年(1.93)、1985年(2.17)
  • 最優秀選手(MVP): 1981年、1984年
  • セントラル・リーグ優勝: 1980年、1984年、1986年
  • 日本シリーズ制覇: 1984年

これらの成績により、北別府学は広島カープの黄金時代を支えるエース投手として活躍し、チームの歴史に名を刻んでいます。

引退後の活動

北別府学は、1990年に現役を引退しましたが、その後も野球界で活躍しています。彼は、引退後に広島カープの二軍投手コーチや一軍投手コーチを務め、後進の指導にあたりました。また、2005年から2007年には、福岡ソフトバンクホークスの一軍投手コーチを務めました。

まとめ

北別府学は、広島カープの黄金時代を支えた選手の一人であり、その活躍はファンにとって忘れがたいものとなっています。彼の成績は非常に優れており、広島カープの歴史に名を刻んでいます。引退後も野球界で活躍し、後進の指導にあたっている彼の姿は、多くの人に感動を与えています。