シャープ「ガラパゴス」2機種を9月末で終了

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
Pocket
WhatsApp

結構ショックな人も多いのではないだろうか?買ってしまった方々。

ZAURUSの時もそうなんだけれど、ちょっと視点が違う気がするんだよね。最初にZAURUSが出てきたときには、手帳の代わりに使うということで、手帳という見本があって、それを電子デバイスとしてわかりやすく作ったことで成功したよね。アレは良かった。僕もずいぶん使った。

その後の、Linux ZAURUSあれは、利用者の要望で出てきたのかと思ったけれど、どうなの?あれは時期が遅かったね。独自路線に固執したからか、なかなか出なかった。もっと早く出ていれば成功したかも。

そして、こんかいのガラパゴス。これも結局、アンドロイドOSバージョンとして復活するという方向らしいが、最初からそうやって出てきていれば良かったと思うのは僕だけ?ちょっと遅かったよね。

シャープ(6753)は15日、昨年12月10日に発売した多機能携帯端末「ガラパゴス」2機種の生産をやめ、販売を9月末で終了すると発表した。

引用元: シャープ、多機能端末「ガラパゴス」2機種の販売を9月末で終了  :日本経済新聞.

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
Pocket
WhatsApp

Never miss any important news. Subscribe to our newsletter.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です