The hottest news from everywhere for everyone!

世界最古の日刊紙「ウィーン新聞」の終了理由

ウィーン新聞は、320年の歴史を持つ世界最古の新聞とされていますが、紙媒体の発行が原則終了し、今後は主にオンラインで報道を続けることになりました[1]。この決定は、オーストリア政府と同紙の間で長年議論されていたもので、議会の賛成多数によって廃止が決まりました[1]。

紙媒体の発行が完全になくなるわけではありませんが、その発行頻度は「資金状況に応じて年間10回以上」になるとされています[1]。また、労働組合によると、200人超の従業員のうち40人が記者であり、半数ほどが解雇される可能性があるとのことです[1]。

ウィーン新聞の終了理由は、紙媒体の発行を続けるかどうかに関する議論の結果、オンラインへの移行が決定されたことによるものです。これは、メディア関連法の改正に伴い、ネットメディアに転換することになったためです[2]。

ウィーン新聞のイメージ
ウィーン新聞のイメージ

ウィーン新聞の終了は、紙媒体の発行が終了するという意味で、人気が無いというわけではありません。むしろ、メディア関連法の改正に伴い、ネットメディアに転換することになったためです[2]。今後、ウィーン新聞はオンラインで報道を続けることになります[1]。

Citations:
[1] https://www.asahi.com/articles/ASR4X3SFLR4XUHBI00K.html
[2] https://www.jiji.com/jc/article?g=int&k=2023042800253

Share this article

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です