The hottest news from everywhere for everyone!

Web版 「Adobe Firefly」 が7月12日に日本語に対応した

Source: img.news.goo.ne.jp

II. 日本語対応の詳細

日本語プロンプト入力の機能拡張

2023年7月12日、アドビは Adobe Firefly web版で、日本語を含む100以上の言語へのプロンプト入力のサポートを開始しました。

Adobe Fireflyは、アドビが提供している画像生成AIサービスで、ユーザーインターフェイスには対応言語を含め、20以上の言語にも対応しています。

具体的には、以下の点が日本語対応されました:

  • テキストプロンプト入力:プロンプト入力において、日本語を含む100以上の言語がサポートされるように拡張されました。
  • ユーザーインターフェイス:今回のアップデートにより、日本語を含む20以上の言語に対応したユーザーインターフェイスが提供されました。

これにより、日本語を含む多言語でのプロンプト入力が可能となり、さまざまな言語のユーザーがより使いやすく、効果的にAdobe Fireflyを活用できるようになりました。

Adobe Fireflyは、ベータ版として提供が始まっており、ユーザーは既にAdobe Fireflyを活用してさまざまな画像の生成を行っています。また、今後もユーザーのフィードバックを収集し、アップデートを重ねることで、さらなるパフォーマンスと機能の向上を図る予定です。

この日本語対応は、Adobe FireflyのWeb版に限定されています。現時点では、アプリ上でのプロンプト入力には対応していないため、注意が必要です。

アドビは、今後もFireflyの機能追加や、エンタープライズ版などの開発を進めており、企業利用も視野に入れたサービスを提供していく予定です。

参考文献:

Source: av.watch.impress.co.jp

III. 機能紹介

画像生成機能

Adobe Fireflyの画像生成機能:この機能を使用すると、さまざまなプロンプトに応じて自動的に画像を生成することができます。Fireflyは膨大なデータセットをもとに、プロンプトで指定した内容に基づいて画像を生成します。例えば、オーロラの画像を生成するためのプロンプトを入力すると、鮮やかなオーロラの画像が作成されます。この機能により、簡単に高品質の画像を作成することができます。

プロンプト入力による編集機能:Fireflyは画像に対して直接プロンプトを入力して編集することも可能です。例えば、特定の被写体を画像から除去するためのプロンプトを入力すると、その被写体が自動的に除去された画像が生成されます。また、背景を変更したり、特定の要素を追加したりすることもできます。この機能を活用することで、簡単に画像をカスタマイズすることができます。

インターフェースと言語対応:FireflyのWeb版では、日本語を含む20以上の言語に対応しています。ユーザーインターフェース(UI)も、日本語を含む複数の言語で表示されるため、より使いやすくなりました。ユーザーは自分の使いやすい言語を選択してFireflyを利用することができます。

関連リンク:

以上がAdobe Fireflyの主な機能紹介です。これらの機能を活用することで、簡単かつ効率的に高品質の画像を生成および編集することが可能です。もし興味がある場合は、関連リンクから詳細情報をご覧いただけます。 [7][8][9][10]

Source : cdn-xtech.nikkei.com

IV. 対応アプリケーションと使用制限

Web版のみの対応範囲

Web版のAdobe Fireflyは、2023年7月12日現在、Webブラウザ上での利用に限定されています。そのため、以下の制限があります。

1. インターネット接続が必要: Adobe FireflyのWeb版を使用するには、インターネット接続が必要です。オフラインでの利用はできません。

2. ブラウザの互換性: Adobe Fireflyは、一部の最新のWebブラウザでのみ動作します。主要なブラウザ(Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edgeなど)と互換性がありますが、古いバージョンのブラウザや特定のブラウザでは正常に動作しない可能性があります。

3. 機能制限: Web版のAdobe Fireflyは、現時点では一部の機能が制限されています。また、AI技術の改善や新機能の追加により、将来的には制限が解除される可能性があります。

4. データの保存: Adobe FireflyのWeb版は、生成された画像をデバイスに保存することはできません。生成した画像は一時的に表示されるだけで、次回のセッション時にはリセットされます。

Adobe Fireflyをフル機能で利用するには、将来的にはデスクトップアプリケーションやモバイルアプリケーションへの統合が予定されています。これにより、より高度な編集やオフラインでの利用が可能になるでしょう。

以上が、Web版のAdobe Fireflyの対応アプリケーションと使用制限の概要です。今後のアップデートや追加機能に期待が高まる中、現時点で利用できるWeb版を活用して、クリエイティブな画像生成体験を楽しんでください。

Source : blog.adobe.com

V. 成果と成長

生成された画像の数と用途

2023年7月12日、Adobeは画像生成AI「Adobe Firefly」のWeb版を日本語に対応させたことを発表しました。これまで英語のプロンプト入力のみでしたが、多言語に対応することでさらなるユーザーエクスペリエンスの拡大を図っています。

Fireflyは、そのリリース以来、クリエイターたちが利用してきたジェネレーティブ(生成)AIです。このAIを使用することで、テキストから画像を生成したり、生成再配色やテキスト効果の適用を行ったりすることができます。

Fireflyを搭載した新機能「生成塗りつぶし」は、今年の5月にAdobe Photoshopのベータ版に導入され、6月にはAdobe Illustratorの英語版ベータ版でも利用できるようになりました。これにより、既に10億枚以上の画像が生成されています。

新たに日本語をはじめとした多言語でのプロンプト入力に対応したことで、Adobe Fireflyはますます使いやすくなりました。日本語を含む100以上の言語への対応が可能となり、さまざまなユーザーに対応できるようになりました。

これにより、Fireflyを使用した画像生成の用途も大幅に拡大しています。例えば以下のような使い方があります:

  • 広告やマーケティング:クリエイティブな広告やマーケティングコンテンツを生成するためにFireflyを活用することができます。
  • ウェブデザイン:Webページやバナー広告などのデザインに数多くの画像を必要とする場合、Fireflyを使用することで効率的に画像を生成することができます。
  • ゲーム開発:ゲーム開発のための背景画像やキャラクターデザインなどにFireflyを利用することで、現実的で魅力的なグラフィックを作り出すことができます。
  • アート作品の創造:クリエイティブなアーティストは、Fireflyを使用して独創的なアート作品を生成することができます。

これらはFireflyの利用例の一部ですが、多くのクリエイターがこれを活用して新しい表現の形を生み出しています。

今後もAdobeは、ユーザーのフィードバックを取り入れながらFireflyの開発を続け、さらなる性能向上と使いやすさの向上に取り組んでいく予定です。将来的には、より多くの人々がFireflyを通じて創造的な成果を上げることができるでしょう。 [13][14]

Source : asset.watch.impress.co.jp

VI. 結論

Adobe Fireflyの日本語対応の意義

アドビが提供している画像生成AIの「Adobe Firefly」が、7月12日に日本語に対応したことは、日本のクリエイターやデザイナーにとって大きな意義があります。以下に、Adobe Fireflyの日本語対応がもたらすいくつかの意義を挙げてみましょう。

1. クリエイティブな表現の幅が広がる: Adobe Fireflyの日本語対応により、日本語のプロンプト入力が可能となります。これにより、日本語を使ったクリエイティブな表現がさらに広がり、独自のデザインやイラストを作成することができます。

2. より効率的な作業プロセス: 日本語のプロンプト入力が可能になることで、よりスムーズな作業プロセスが実現します。クリエイターは自然な日本語でイメージや効果を表現し、より効率的に作業を進めることができます。

3. 多言語コミュニケーションの改善: Adobe Fireflyの日本語対応により、日本語を含む100以上の言語に対応しました。これにより、多言語でのコミュニケーションが改善され、クリエイター同士やクリエイターとクライアントとの意思疎通がスムーズに行えるようになります。

このように、Adobe Fireflyの日本語対応は、日本のクリエイターやデザイナーにとって非常に意義のあるアップデートです。日本語での自然なプロンプト入力が可能となり、よりクリエイティブな表現や効率的な作業プロセスが実現できます。今後も、Adobeはさらなる開発と機能強化に取り組み、クリエイターの創作活動をサポートしていくことでしょう。 [15][16]

Share this article

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です