The hottest news from everywhere for everyone!

レイモンド・レディントン – ブラックリストシリーズ完結、10年の旅路に幕

10年に渡る犯罪スリラードラマ「ブラックリスト」が遂に完結しました。主人公レイモンド・レディントン(ジェームズ・スペイダー)は、FBIの最重要指名手配犯でありながら、犯罪者リストを提供する交換条件で、FBI捜査官エリザベス・キーンとタッグを組んできました。

これ以降には強烈なネタバレがありますので、ご注意ください。


シリーズ最終章では、レディントンの正体に迫る議員ハドソンの追及から逃れるため、レディントンはスペインへ逃亡。一方、親友デンベがハドソンに撃たれ瀕死の状態に。レディントンはデンベを救うため、自らの逃亡を諦めます。 最終的に、レディントンはスペインの田園地帯で一頭の雄牛と対峙し、命を落とすという衝撃の結末を迎えました。10年間の謎に包まれた彼の正体は最後まで明かされることはありませんでしたが、型破りな人生を全力で生き抜いた彼の最期は、まさにレディントンらしいエンディングだったと言えるでしょう。 タスクフォースのメンバーにとって、レディントンとの別れは悲しくも、新たな旅立ちの始まりでもあります。彼らは、レディントンから学んだ教訓を胸に、それぞれの人生を歩んでいくのです。 「ブラックリスト」ファン必見の感動のシリーズフィナーレを、ぜひその目でお確かめください。

ブラックリストシリーズ完結

1.1. 10年の歴史に幕

2013年に始まった犯罪スリラードラマ「ブラックリスト」が、10年の歴史に幕を下ろしました。この10年間、主人公レイモンド・レディントン(ジェームズ・スペイダー)とFBI捜査官エリザベス・キーン(メーガン・ブーン)の型破りなタッグが、視聴者を魅了してきました。

レディントンは、FBIの最重要指名手配犯でありながら、自身の持つ「ブラックリスト」と呼ばれる犯罪者リストをFBIに提供することで、特別な地位を得ていました。彼の正体や目的は常に謎に包まれており、それがドラマの大きな魅力の一つでした。

シーズン放送年エピソード数
12013-201422
22014-201522
32015-201623
42016-201722
52017-201822
6201922
72019-202019
82020-202122
92021-202222
10202322

1.2. レイモンド・レディントンの最期

シリーズ最終章では、レディントンの死という衝撃的な結末が待っていました。彼はスペインの田園地帯で一頭の雄牛と対峙し、命を落とすのです。この予想外の展開は、視聴者に大きな衝撃を与えました。

レディントンの死に際して、彼の正体や過去の謎は明かされることはありませんでした。しかし、彼が型破りな人生を全力で生き抜いたことは確かです。レディントンの最期は、まさに彼らしいエンディングだったと言えるでしょう。

最終章の展開

2.1. 議員ハドソンの追及

最終章では、議員アーサー・ハドソン(トビー・レナード・ムーア)がレディントンの正体に迫ります。ハドソンは、レディントンの過去を暴こうと執拗に追及します。

2.2. レディントンのスペイン逃亡

ハドソンの追及から逃れるため、レディントンはスペインへと逃亡します。彼は、アンダルシア地方にある自身の邸宅に身を隠します。

2.3. 親友デンベの危機

一方、レディントンの親友であるデンベ・ズマ(ヒシャム・タウフィク)がハドソンに撃たれ、瀕死の状態に陥ります。レディントンは、デンベを救うために自らの逃亡を諦める決意をします。

レディントンの選択

3.1. デンベ救出のため自らを犠牲に

レディントンは、デンベを救うために自らを犠牲にする道を選びます。彼は、自身の血液をデンベに輸血することで、友の命を救います。しかし、この行為がレディントン自身の健康に与える影響は計り知れません。

3.2. 逃亡を諦める決意

デンベを救った後、レディントンは逃亡を諦める決意をします。彼は、自身の運命を受け入れ、スペインの田園地帯へと向かうのです。

衝撃の結末

4.1. スペインの田園地帯で雄牛と対峙

スペインの田園地帯で、レディントンは一頭の雄牛と対峙します。疲労困憊の彼は、雄牛に立ち向かう力もなく、そのまま命を落とすのです。

4.2. レディントンの死

レディントンの死は、シリーズの衝撃的な結末となりました。10年間、彼を追ってきた視聴者にとって、この結末は受け入れがたいものでした。しかし、それは同時に、彼の型破りな人生の必然的な帰結でもあったのです。

レディントンの死

4.3. 明かされなかった正体の謎

レディントンの死によって、彼の正体や過去の謎は永遠に明かされないままとなりました。しかし、それもまた、このドラマの魅力の一つだったと言えるでしょう。

レディントンの生き様

5.1. 型破りな人生

レディントンは、常に型破りな人生を歩んできました。FBIの最重要指名手配犯でありながら、時に法の側に立ち、独自の正義を貫く。そんな彼の生き方は、多くの視聴者を魅了してきました。

5.2. 全力で生き抜いた証

最後の最後まで、レディントンは自分の信念に従って生きました。彼の死は、その型破りな人生を全力で生き抜いた証だと言えるでしょう。

タスクフォースの新たな旅立ち

6.1. レディントンとの別れ

レディントンの死は、彼とともに戦ってきたFBIタスクフォースのメンバーにとって、大きな悲しみをもたらしました。しかし、それは同時に、新たな旅立ちの始まりでもあります。

6.2. 学んだ教訓を胸に

タスクフォースのメンバーは、レディントンから多くのことを学びました。彼の死後、彼らはその教訓を胸に、それぞれの人生を歩んでいくのです。

6.3. 全キャストのそれぞれの人生へ

  • エリザベス・”リズ”・キーン:
    シーズン8第22話で悲劇的な最期を迎える
    レディントンから犯罪帝国を引き継ぐ条件としてレディントンを撃つよう迫られるが、その直前に別の者に撃たれ命を落とす
  • ドナルド・レスラー:
    最終話でレディントンの遺体を発見する
  • ハロルド・クーパー:
    FBI副長官として、タスクフォースを監督し続ける
  • アラム・モジタバイ:
    シーズン10でニューヨークに移住
    最終的にFBIを離れ、私立探偵として活躍する
  • デンベ・ズマ:
    ハドソン議員に撃たれ重傷を負うが、レディントンの輸血により一命を取り留める

ファン必見のシリーズフィナーレ

7.1. 10年の集大成

「ブラックリスト」のシリーズフィナーレは、10年間の集大成と言えるエピソードです。レディントンの死という衝撃的な結末は、視聴者の心に深く刻まれることでしょう。

7.2. 感動の結末

シリーズ最終話「レイモンド・レディントン」は、2023年7月13日に2時間スペシャルとして放送されました。この感動のフィナーレを、ぜひご自身の目でお確かめください。

ブラックリストキャスト

「ブラックリスト」は、10年間にわたって私たちを魅了し続けてきました。レイモンド・レディントンという稀代のキャラクターを生み出し、彼を中心に繰り広げられる物語は、多くの視聴者の心を捉えてきました。シリーズの幕引きは悲しくもありますが、同時に、この10年間の素晴らしい旅を祝福したいと思います。レディントン、そして「ブラックリスト」に、心からの感謝を。

引用リンク

Share this article

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です