旧田中角栄元首相邸が全焼 真紀子氏「建物内で線香あげた」

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
Pocket
WhatsApp
旧田中角栄元首相邸が全焼 真紀子氏「建物内で線香あげた」
Source: newsatcl-pctr.c.yimg.jp

出火の現場となった旧田中角栄元首相邸の概要

東京都文京区にある旧田中角栄元首相宅の自宅だった建物は、全焼する大規模な火災に見舞われました。この物件は、元田中角栄首相の娘であり、元外務大臣の田中真紀子氏が現在所有しています。元首相の自宅は、「目白御殿」と一般的に称され、日本女子大学のキャンパスや運動公園からほんの僅か1.4キロメートル、JR目白駅から東へと位置しています。

火災発生時の概况と経過

火災は午後3時20分ごろ発生し、全焼した家屋から火が出たのを始まりとしました。消防隊は即座に反応し、20台以上の消防車が出動しました。そして、約6時間後の午後10時前に最終的に火災は鎮火されました。火災の結果、2階建ての住居1件が全焼し、敷地内の平屋建ての住宅の一部を含む全体で約800平方メートルが焼失しました。なんとか、田中真紀子元外務大臣とその夫の田中直紀元防衛大臣は、火災発生時にもかかわらず、けがなく無事でした。

火元については、田中真紀子元外務大臣が「今日この建物内で線香をあげた」と述べていますが、警視庁と消防が出火原因を詳しく調査しているところです。

火災は地元住民にとっても衝撃的でした。現場近くに住む男性は「消防車のサイレンの音で外を見ると旧田中角栄邸の建物から、かなり高く火の手が上がっていました。」「近くでこのような火事が起こり驚きました」と話しました。

また、地元の40代女性も目撃し、「消防車が多数きて、周辺の雰囲気は緊迫しています。午後4時過ぎでもまだ煙が上がり続けています」と述べました。

火災の発生と結果

火災は、8日午後3時20分ごろ、東京・文京区目白台にある田中角栄元総理大臣の自宅だった建物から始まった。火事は6時間余りが経った午後10時前に消し止められたが、2階建ての住宅1棟が全焼したほか、敷地内にある平屋建ての住宅の一部など、合わせておよそ800平方メートルが焼けた。

火災発生時の詳細状況

火災が発生したとき、敷地内にいたのは元総理大臣の娘、田中真紀子元外務大臣とその夫の田中直紀元防衛大臣の2人だったが、けがはなかった。田中真紀子元外務大臣によると、「建物内で線香をあげた」とのことであり、出火原因はこの線香をあげたことが関与している可能性が高い。

現場付近に住む男性は、「消防車のサイレンの音で外を見ると旧田中角栄邸の建物から、かなり高く火の手が上がっていた。午後4時前にはほぼ燃え尽きて、火の手が少し収まっていた」と証言した。

火災の結果と全焼に至った原因

消防車20台以上が消火活動にあたった結果、火は午後10時前に消し止められたが、2階建ての住宅1棟が全焼し、敷地内の平屋建ての住宅の一部など、総面積約800平方メートルが焼けた。出火原因については調査が行われており、警視庁によれば田中真紀子元外務大臣が「建物内で線香をあげた」と説明したことから、その関与が疑われている。

火災発生時、敷地内にいた田中真紀子元外務大臣と田中直紀元防衛大臣は無事で、けが人はいなかったとのこと。しかし、この火災により「目白御殿」と呼ばれる象徴的な建物が全焼するという、大きな損失となった。これからの調査で火災の全容が明らかになることが期待される。

現場概要

田中角栄元総理大臣の自宅は、東京都文京区目白台という静かな住宅街に位置していました。この建物は「目白御殿」とも称され、田中元総理大臣の政治活動の舞台ともなっていました。その敷地内で8日午後、火災が発生し、その後約6時間を経た午後10時前に消火されました。

旧田中角栄元首相邸の歴史と特色

田中角栄元総理大臣の自宅であったこの建物は、2階建ての住宅と敷地内にある平屋建ての住宅などからなり、全体で約800平方メートルの範囲に広がっていました。田中氏が内閣や自由民主党の重要ポストを歴任し、田中派を率いていた時代、この建物は全国からの支持者や陳情を行う人々が訪れる場所となり、昭和の政治の舞台の1つと位置づけられていました。

田中元総理大臣は、ロッキード事件で逮捕され自民党を離党した後も、この自宅から政界に大きな影響力を持ち続け、「目白の闇将軍」とも称されていました。

ホーム地(目白台)の位置と地位

目白台は、静かな住宅街として知られ、JR目白駅から東に約1.4キロ離れた地点に位置しています。「目白御殿」近くには、日本女子大学のキャンパスや運動公園があり、その名の通りの優雅な雰囲気を醸し出していました。

火災発生時、敷地内に居た田中真紀子元外務大臣と夫の田中直紀元防衛大臣の2人は無事で、けが人は報告されていません。しかし、「目白御殿」と呼ばれていた田中家の象徴的な建物が全焼し、建物内で線香をあげていたと田中真紀子元外務大臣から説明があったことから、出火原因をめぐる調査が行われています。

田中真紀子氏の証言

本火災発生当時、敷地内にいたのは田中真紀子元外務大臣とその夫である田中直紀元防衛大臣でした。幸いにも、両者とも無事でけが人はいませんでした。

田中真紀子氏による出火原因の見解と証言

田中真紀子氏は警視庁に対し、「建物内で線香をあげた」と証言しています。これにより、火災の原因がこの線香に関連している可能性が浮上しています。現在、警視庁はこの証言をもとに出火原因の詳細な調査を行っており、事実関係の解明が待たれています。

また、現場付近に住む一男性は、「消防車のサイレンの音で外を見ると旧田中角栄邸の建物から、高く火の手が上がっていた。午後4時前にはほぼ燃え尽きて、火の手も収まった状況だった」と証言しています。

田中真紀子氏と田中角栄元首相邸との関連性

なお、この焼失した建物は田中角栄元総理大臣の自宅であり、「目白御殿」とも呼ばれていました。田中元総理大臣は昭和の政界において重要な存在で、支持者や陳情者たちが全国から押し寄せ、この建物はその舞台となったことでも知られています。

平成5年に田中角栄元総理大臣が死去して以降も、この建物はその影響力を色濃く反映していたとされています。このたびの火災により、「目白御殿」と呼ばれる象徴的な建物が全焼し、大きな損失となりました。

田中真紀子氏は自身があげたと証言した線香が火災の原因となった可能性について調査中です。今後の調査により火災の全体像が明らかになることが期待されます。

出火原因の調査

この火災事故は8日午後3時20分ごろに開始し、東京・文京区目白台の田中角栄元総理大臣の自宅、通称「目白御殿」にて発生しました。火は6時間以上燃焼し続け、最終的に2階建ての建物が全焼した他、敷地内の平屋建ての住宅も一部焼失しました。

警視庁による現場調査と出火原因の分析

現場に急行した消防隊の努力により、火は終息したものの、この大規模な火災の原因となった要素は明らかにするために、警視庁と消防は現場調査に取り組んでいます。出火原因の候補として、田中真紀子元外務大臣の証言により、「建物内で線香をあげた」という報告がなされています。ただし、この段階ではまだ結論を出せる段階ではなく、詳細な調査が続けられています。

また、地元住民からの証言によれば、「消防車のサイレンの音を聞いて外を見ると、田中元総理大臣邸から高い火の手が上がっていた」と報告されています。さらに、その証言によれば炎は午後4時前にはほぼ消え、火の手も見えなくなったとのことです。

火災の結果及び影響

「目白御殿」は田中角栄元総理大臣の自宅であり、昭和の政界においては重要なブームを生み出した政治の拠点でもありました。また、田中元総理大臣が死去して以降も、「目白の闇将軍」とともにその存在感を保っていました。しかし、この火災により、象徴的なビルが全焼し、その歴史的価値も一部が失われました。

出火当時、敷地内にいた田中真紀子元外務大臣とその夫である田中直紀元防衛大臣は無事でけが人はいませんでした。現在、火災の原因についての詳細な調査が進行中であり、その結果が待たれています。

目撃者の証言

近隣の住民や通行人が目撃した火災の状況について報じています。

近隣住民による火災時の目撃証言と反応

火災は午後3時20分頃に発生し、地元住民の一部はこの火事を目撃した。一部の住民は、「消防車のサイレンの音で外を見ると、田中元総理大臣の自宅だった建物から、かなり高く火の手が上がっていた。午後4時前にはほぼ燃え尽きて、火の手が少し収まってきたような状況」と述べました。

他の一部の住民は、「多くの消防車が来ていて、周囲はものものしい雰囲気だった。午後4時すぎにも煙が上がり続けた」と回想しました。

現場状況等についての一般的な見解

今回の火災により、2階建ての住宅1棟が全焼し、敷地内の平屋建ての住宅の一部も被害を受けたと報告されています。被害総額はまだ詳細にはわかっていないが、建物とその周辺の敷地合わせて800平方メートルが焼けたとされています。

元首相宅として知られるこの建物は、“目白御殿”とも呼ばれ、当時の政治の舞台ともなっていました。元総理大臣の田中角栄氏が自民党から離党し、「目白の闇将軍」とも言われた後も、この邸宅は彼の影響力を象徴するものとされていました。

今回の火災により、「目白御殿」と称されてきたこの歴史的な建物が全焼するという悲劇的な事件となりました。一方でけが人は出ておらず、人命に対する被害はなかったと伝えられています。

「目白御殿」の歴史

田中角栄元首相邸の独自の歴史と評価

この建物は田中角栄元総理大臣の自宅として知られ、「目白御殿」の名で一般に広く知られていました。全国から支持者や陳情を行う人々が当時、訪れて列をなし、その存在は昭和の政治の舞台の一つとなっていました。田中元総理大臣は今年の自宅が火災により全焼するまで、ロッキード事件で逮捕されるなどの様々な困難にもかかわらず、自宅の所在地から「目白の闇将軍」とも言われる存在であり続けました。田中元総理大臣が死去して以降もその存在感は影を施し続けていました。

政治的な舞台としての「目白御殿」

「目白御殿」は田中角栄元総理大臣時代の政治の舞台として重要な役割を果たしていました。田中元総理大臣は自身が首相を務め、自民党の重要ポストを歴任した時期に、この「目白御殿」を政治の拠点として使用していました。自民党を離党した時期でも、「目白御殿」は田中元総理大臣の影響力を象徴するものであり続けました。

火災により「目白御殿」が全焼した事は、昭和の政治の舞台の1つが失われたという点では大きな損失と言えます。しかし、出火当時敷地内にいた田中真紀子元外務大臣とその夫の田中直紀元防衛大臣の2人は共に無事であり、人命に対する被害はなかったという事実は幸いであったと言えます。

田中角栄元首相の影響

田中角栄元総理大臣の影響は、その政治生涯だけでなく、その死後も日本の政治に長く残っております。彼の存在感は、一時期日本の政界を支配した力強さとして語り継がれ、その思想と理念は後続の政治家たちに影響を与え続けています。今回の火災は、そんな彼の存在感と影響力を改めて認識させる機会でもありました。

田中角栄元首相の政治的遺産と影響

田中角栄元総理大臣は自民党から離れ「目白の闇将軍」とも称されましたが、それは彼が政治に対する深い影響力を持ち続けていた証でもあります。元総理大臣の自宅は、「目白御殿」と呼ばれ、昭和時代の政治の一部を形成しました。田中元総理大臣が率いていた自由民主党の最大派閥「田中派」は全国から多くの支持者や申し立てを行う人々が訪れ、昭和の政治に重要な影響を与えました。

旧首相邸火災から見る田中角栄元首相の存在感

全焼した「目白御殿」とも称される建物は、田中元総理大臣の政治遺産の一部を形成していました。その存在は、彼が持っていた影響力と誇りを表しており、彼の政治思想を伝える象徴でもありました。また、この邸宅は彼が社会に及ぼした影響の現れでもあり、その影響力が今なお続いていることを物語っています。今回の火災が起きる前、この建物は田中角栄元総理大臣の活動の一部として存在感を示しておりましたが、今ではその存在が失われてしまったことは遺憾でなりません。しかし、人命に対する被害がなく、この歴史的な建物の消失は幸いな事態と言えるでしょう。

火災後の考察と対策

火災事件の全体的な影響と考察

今回の火災は、政治に大きな影響を持ち続けた田中角栄元総理大臣の存在を改めて認識させる機会となった。 元総理大臣の自宅であった「目白御殿」は、昭和の政界における彼の影響力を物語る象徴であり、この建物の全焼はその象徴が失われたという意味で大きな損失である。しかし、この事件で何よりも重要なことは、火災時に敷地内にいた田中真紀子元外務大臣とその夫の田中直紀元防衛大臣の2人が無事であったという事実である。 この事実は人命が最優先されるべきであるという基本原則を再確認させるものである。

An artistic interpretation of a grand traditional Japanese house, known as 'Mejiro Palace', located in Bunkyo Ward, Tokyo. This house, once owned by a former Prime Minister, is set ablaze in a massive fire. The scene depicts dramatic flames engulfing the elegant structure, with traditional Japanese architectural elements. The background shows the proximity to a university campus and a sports park, emphasizing the dense urban environment of Tokyo. The image captures the intensity of the fire and the historical significance of the building.

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
Pocket
WhatsApp

Never miss any important news. Subscribe to our newsletter.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です