「Claude 2」に期待している。早く日本でも試したい。

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
Pocket
WhatsApp

新型AI “Claude 2″への期待高まる – 日本でも試用へ

AI開発会社Anthropicは、新モデル「Claude 2」
Source: media.loom-app.com

AI開発会社Anthropicは、新モデル「Claude 2」の発表を行いました。前モデルからの大幅な改良が見られ、パフォーマンスの向上、長い応答の提供、APIや公開ベータウェブサイトを通じたアクセスが可能になります。

「Claude 2」の改良について

この新モデルは、既存のAIと比べて会話が容易で、思考の説明が明確であり、害を及ぼす可能性のある出力を減らすことが可能です。ユーザーインターフェースは以下の通りです:

  • コーディング: Claude 2の新モデルは、Pythonのコーディングテストで56.0%から大幅にスコアを上げました。
  • **数学: ** GSM8kという大量の小学校の数学問題セットにおいて、Claude 2は85.2%からスコアを上げました。

Claude 2は、数百ページにわたる技術文書や書籍まで、対話者からの質問に対応できます。さらに、メモから手紙、ストーリーまでの長い文書を一度に作成することが可能です。

安全性と性能の向上

安全性と性能の向上にもクローズアップしています。より無害で、攻撃的または危険な出力を生成する可能性のあるプロンプトが硬化しています。また、長い入力と出力を取り扱う事が可能になりました。

日本への展開に期待

現在のところ、Claude 2は、主に米国と英国で利用できますが、今後、よりグローバルに利用できるように広げていく計画をしています。日本のユーザーからのニーズも高く、「Claude 2」に期待が寄せられています。そのパワーアップした機能を早く日本でも試したいとの声が上がっています。

「Claude 2」の取り組みを評価し、一部でパートナーシップを結ぶ企業も存在します。その一つにジェネラティブAIプラットフォームのがあり、このプラットフォームは、個々のユーザーやチームがコンテンツ戦略を積極的に展開できるようにします。

まだクローズベータでのリリースであり、既存の全てのモデルと同様に不適切なレスポンスを生成する可能性があるとAnthropic社は明言しています。今後の郵送での改良や、ユーザーからのフィードバックを用いた製品展開を待つところです。

最後に、開発会社側は、「Claude 2」の製品についてフィードバックを求めています。AIアシスタントは、情報の要約や整理などの日常的な状況で最も役立つとされていますが、心身の健康や福祉に関わる場合には使用しないよう強く求めています。「Claude 2」が日本でシェアを獲得すべく、改良作業が進められています。

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
Pocket
WhatsApp

Never miss any important news. Subscribe to our newsletter.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です