The hottest news from everywhere for everyone!

バレーボール女子日本代表、中国に3-1で勝利!ネーションズリーグ2024マカオ大会

2024年5月31日、バレーボールのネーションズリーグ(VNL)2024マカオ大会で、日本女子代表が中国代表に3-1(25-22、19-25、25-18、25-17)で勝利しました。パリ五輪出場権獲得を目指す日本にとって、アジアのライバル中国との一戦は重要な意味を持っていました。この勝利で日本は5勝2敗となり、五輪切符獲得に向けて前進しました。

試合展開

第1セット:日本が25-22で先取

日本は山田二千華、岩崎こよみ、石川真佑、荒木彩花、林琴奈、古賀紗理那の布陣で臨みました。序盤から山田のサーブエースなどで主導権を握ると、中盤は古賀のスパイクや荒木のサービスエースなどで点差を広げました。中国の粘り強さにあいながらも、最後は林のスパイクでセットを先取しました。[1]

第2セット:中国が25-19で巻き返し

第2セットは中国がペースを掴み、日本を上回りました。日本は第1セットほどの勢いを見せられず、中国の堅い守備に苦しめられました。セット終盤、日本は追い上げを見せましたが及ばず、中国がセットを取り返しました。

第3セット:日本が25-18で勝利

第3セットに入ると、日本は立て直しに成功。主将の古賀紗理那選手が躍動し、チームを牽引しました。井上愛里沙選手も好プレーを連発。日本は終始リードを保ち、25-18でセットを奪取しました。[1]

第4セット:日本が25-17で試合を決める

勢いに乗る日本は第4セットも優位に進めました。中国も粘り強く食らいつきましたが、日本の勢いは止まりません。古賀選手と井上選手のコンビネーションが冴え渡り、最後は25-17で日本がセットと試合を制しました。[1]

古賀紗理那、井上愛里沙が躍動

この試合では、主将の古賀紗理那選手と井上愛里沙選手の活躍が目立ちました。特に古賀選手は、第1セットでのスパイクや第3、4セットでのリーダーシップで存在感を発揮。井上選手も第3、4セットで得点を重ね、勝利に大きく貢献しました。[1]

五輪出場権獲得に向けて前進

日本女子代表にとって、中国との対戦は五輪出場権獲得に向けた重要な一戦でした。中国は2016年リオデジャネイロ五輪の金メダリストであり、アジアのライバルです。この勝利で日本は五輪切符獲得に大きく前進しました。[1]

VNL2024の概要

ネーションズリーグ(VNL)は、国際バレーボール連盟(FIVB)が主催する、バレーボールのナショナルチーム世界一を決める大会です。2024年大会は、東京オリンピック後の新シーズンとして開催されています。[4]

大会は男女それぞれ16チームが参加し、ラウンドロビン方式で行われます。各国は他の参加国と1試合ずつ対戦し、勝敗数などにより順位を決定。上位チームは決勝ラウンドに進出し、優勝を争います。[4]

まとめ

バレーボール女子日本代表は、ネーションズリーグ2024マカオ大会で中国代表に3-1で勝利しました。日本は五輪出場権獲得を目指しており、ライバル中国との一戦は重要な意味を持っていました。古賀紗理那選手と井上愛里沙選手の活躍により、日本は勢いよく勝利。五輪切符獲得に向けて前進しました。VNLは東京オリンピック後の新シーズンとして注目を集めており、日本女子の更なる活躍が期待されます。

参考リンク

Share this article