The hottest news from everywhere for everyone!

コロナワクチン接種で救われた命 – 予防接種の重要性を再認識

コロナワクチン接種は、世界中で多くの命を救っています。ワクチン接種後に亡くなった方々の報告はありますが、ワクチンが原因とは限りません。一方で、ワクチン接種によって重症化や死亡を防げた事例も数多く存在します。本記事では、予防接種の恩恵を受けた人々の体験談を紹介し、ワクチン接種の重要性を再確認します。

1. 予防接種の意義

1.1 感染症から命を守る

感染症は人類の歴史と共に存在し、過去には数多くの命を奪ってきました。しかし、ワクチンの開発により、かつて恐れられた病気の多くが制圧されつつあります。天然痘はワクチンによって1980年に根絶が宣言され、ポリオも世界的な根絶が目前に迫っています。

ワクチン接種によって免疫を獲得することで、感染症にかかるリスクが大幅に低下します。重症化や合併症のリスクも減少するため、ワクチンは文字通り「命を守る」ものなのです。特に高齢者や基礎疾患を抱える方々にとって、ワクチン接種は重症化を防ぎ、命を守る上で極めて重要な手段となります。

1.2 集団免疫の形成

ワクチン接種により個人の免疫が獲得されるだけでなく、集団全体の免疫力も高まります。これを「集団免疫」と呼びます。集団免疫が形成されると、ウイルスの感染経路が遮断されるため、ウイルスの流行が抑制されます。

集団免疫を達成するためには、一定以上の人口がワクチン接種を受ける必要があります。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の場合、集団免疫を形成するために必要なワクチン接種率は70~90%と推定されています。

集団免疫が形成されれば、ワクチンを接種できない人(乳幼児や免疫抑制状態の人など)も間接的に守られることになります。つまり、ワクチン接種は個人だけでなく、社会全体を守る重要な役割を果たすのです。

2. ワクチン接種で救われた命

2.1 高齢者の体験談

高齢者はCOVID-19の重症化リスクが高いため、ワクチン接種による恩恵は計り知れません。イギリスに住むメルヴィン(85歳)とメアリー(87歳)夫妻は、テキストメッセージで接種の案内を受け、迷うことなくブースター接種を受けました。

「私たちはこれまで(ワクチンの)副反応で問題になったことはありません。COVID-19やインフルエンザにかかっても、重症化するリスクは低くなります。ワクチンは自分自身と他人を守るためなのですから」(メアリー)

同じくイギリス在住のアンドリュー(75歳)とマックス(70歳、免疫抑制状態)も、競馬場に設けられた専用の接種会場でブースター接種を受けました。

「重症化や感染拡大のリスクを下げるため、ブースター接種を受けました。免疫力が低下した状態でCOVID-19に感染すれば、命に関わる可能性もあります」(アンドリュー)

このように、ワクチン接種を受けた高齢者からは、「重症化リスクが下がった」「家族に感染させるリスクが低くなった」といった実感の声が数多く聞かれます。

2.2 基礎疾患のある方の事例

基礎疾患を抱える方々も、COVID-19の重症化リスクが高いハイリスク群です。糖尿病や心疾患、呼吸器疾患などを抱える人は、ワクチン接種を強く推奨されています。

アメリカ疾病対策センター(CDC)によると、COVID-19でもっとも重症化しやすいのは、がん患者や臓器移植患者、HIV感染者、自己免疫疾患患者などの免疫抑制状態にある人々だといわれています。

実際に、免疫抑制状態のある人がCOVID-19に感染すると、肺炎や急性呼吸窮迫症候群(ARDS)などの重篤な合併症を発症するリスクが高まります。一方で、ワクチン接種を受けることで、このようなリスクを大幅に下げることができるのです。

2.3 医療従事者の証言

医療現場で働く人々は、COVID-19患者と日々向き合ってきました。そのため、ワクチン接種の重要性を肌で感じている人も多いでしょう。

ある医師は「ワクチン接種を受けていない重症COVID-19患者を何人も見てきました。人工呼吸器に頼らざるを得ない状態で、家族に最期を看取られるのは本当につらい光景です」と証言しています。

一方で、「ワクチン接種を受けていた高齢の患者は、COVID-19に感染しても重症化することはほとんどありませんでした。入院が必要でも、数日で退院できる程度の軽症でした」とも話します。

このように、医療従事者の間では「ワクチン接種は命を守る」という実感が広まっているようです。重症化リスクを大幅に下げ、人工呼吸器などの高度な治療を必要とする確率を下げてくれるのがワクチンの力なのです。

3. 副反応リスクへの対応

3.1 副反応発生率の低さ

ワクチン接種には副反応のリスクが伴いますが、その発生率は極めて低いことがデータで裏付けられています。

WHOヨーロッパ地域事務所の調査によると、COVID-19ワクチン接種後の死亡率は57%減少し、140万人以上の命が救われたと推定されています。一方で、ワクチン接種による死亡例は報告されていません。

日本国内でも、2021年2月から2023年3月までに約1900件の死亡例が報告されましたが、ワクチンとの因果関係が認められた事例は一例もありませんでした。

また、心筋炎や血栓症などの重篤な副反応に関しても、発生率は100万回接種あたり1~10件程度と極めて低い水準にとどまっています。

副反応発生率(100万回接種あたり)
心筋炎1~10件
血栓症1~10件
アナフィラキシー1件未満

このように、COVID-19ワクチンの有効性と安全性のバランスは極めて良好であり、副反応リスクを上回る恩恵があることが分かります。

3.2 適切な情報開示の重要性

ワクチンの安全性に関する正しい情報を広く周知することも重要です。ワクチン接種の是非を判断する上で、科学的根拠に基づいた情報が不可欠だからです。

一部のメディアやSNSでは、ワクチンの副反応に関する憶測や噂が流布されがちですが、そうした情報は必ずしも正確とは限りません。かえって不安を助長し、ワクチンへの不信感を植え付ける恐れがあります。

そのため、政府機関や医療機関は、ワクチンの安全性や副反応リスクに関する正確な情報を分かりやすく発信し続ける必要があります。市民一人ひとりが適切な情報にアクセスできる環境を整備することが重要なのです。

4. 予防接種推進への課題

4.1 ワクチン供給と接種体制の強化

COVID-19に対する予防接種を世界中で推進するには、ワクチンの安定供給と、接種体制の強化が欠かせません。

開発途上国ではワクチン供給が不足しがちで、COVAXファシリティーなどの国際的な支援が必要不可欠です。また、電力や冷蔵設備が不十分な地域では、ワクチンを適切な温度で保存・輸送するのが難しい場合があります。

接種体制の面でも課題は残されています。医療従事者の確保や、接種会場の設置、予約システムの構築など、ワクチン接種に向けたインフラ整備が必要不可欠です。

さらに、ワクチンの有効期限も考慮しなければなりません。期限が切れる前に計画的な接種を進めるためのロジスティクスが重要になってくるでしょう。

$$
\text{必要なワクチン量} = \text{対象人口} \times \text{必要回数} \times \text{ロス率}
$$

上記の式が示すように、対象人口に応じた適切なワクチン量の確保と、ロス(無駄)の最小化が求められます。

4.2 正しい知識の普及

ワクチン接種を促進するには、正しい知識を社会に広く浸透させることが不可欠です。一部には「ワクチンが有害だ」といった科学的根拠に乏しい主張もあり、予防接種への不安を助長しかねません。

このため、政府機関や専門家は、ワクチンの仕組みや安全性、副反応リスクなどについて、分かりやすい啓発活動を続ける必要があります。特に、SNSなどを活用し、若年層への情報発信を強化することが重要でしょう。

ワクチン接種の様子

また、学校教育の場でもワクチンに関する正しい知識を教授することが望ましいでしょう。次世代を担う子供たちが、ワクチンの重要性を理解することで、将来的な予防接種促進にもつながると期待できます。

引用元:

[1] たった一本のワクチンで助かる命がある。 – 日本ユニセフ協会
https://www.unicef.or.jp/special/17win/

[2] 「ワクチン接種で死者が増加」ははたして本当か 「接種後に○○人死亡」を正しく読み解くコツ
https://toyokeizai.net/articles/-/583855

[3] 新型コロナワクチン接種後の副反応について
https://www.city.matsudo.chiba.jp/iryoutoshi/corona_vaccine/about/hukuhannnoukennkouhi.html

[4] 新型コロナウイルスワクチン接種による副反応・健康被害について
https://www.mhlw.go.jp/content/11120000/001245072.pdf

[5] COVID-19 vaccine side effects and safety – HSE.ie
https://www2.hse.ie/screening-and-vaccinations/covid-19-vaccine/side-effects/

Share this article