The hottest news from everywhere for everyone!

激震!バイデン大統領、選挙戦撤退の衝撃と民主党の岐路

2024年7月21日、アメリカ政治に激震が走りました。ジョー・バイデン大統領が、11月に予定されている大統領選挙から撤退する意向を表明したのです。この突然の発表は、アメリカ国内はもちろん、世界中に衝撃を与えました。

バイデン大統領は、カマラ・ハリス副大統領を民主党の大統領選候補として支持すると述べています。しかし、この決定は民主党にとって新たな挑戦の始まりを意味します。81歳のバイデン氏は、6月下旬に行われたトランプ前大統領とのテレビ討論会で精彩を欠き、民主党内から撤退を求める声が広がっていました。

この撤退表明により、民主党は短期間で新たな候補者を選出する必要に迫られています。ハリス副大統領が有力候補とされていますが、カリフォルニア州知事のギャビン・ニューサム氏やミシガン州知事のグレッチェン・ホイットマー氏なども候補として名前が挙がっています。

一方、共和党側では依然としてドナルド・トランプ前大統領が強い支持を得ています。世論調査では、ハリス副大統領とトランプ氏の支持率が僅差であることが示されており、民主党にとっては厳しい選挙戦が予想されます。

この展開は、アメリカの政治情勢だけでなく、世界経済にも影響を与える可能性があります。特に、トランプ氏が再選された場合、ドル安や株安傾向が生じる可能性が指摘されています。

バイデン大統領の撤退表明は、アメリカ政治の新たな局面の幕開けとなりました。民主党が団結して強力な候補者を擁立できるか、そしてその候補者がトランプ氏に対抗できるかが、今後の焦点となるでしょう。

Share this article