意味

1/3ページ

むかし、むかし…

昔、「CHOTTO NEWS」と言うメールマガジン がありました(今もあるよ!出せてないだけ。)。 先日、1990年台のメールのバックアップが見つかったので、その中に過去に配信したちょっとニュース(CHOTTO NEWS)を発見した。 そこで、記事として復活することにしました。 今となっては何の意味もないかもしれませんが、興味ある方はどうぞ。メニューにも表示してみました。「メールマガジン」です。 […]

iCloudのダウングレードに成功

ある意味断捨離。今まで、何も考えずに広げていたiCloudのストレージプラン。一番高いやつを選択していたけれど、画像データをGoogleに移動することでストレージプランのダウングレードに成功。それでも月々400円払うんだけれどね。これ以上下げるとファミリーのバックアップも出来なくなるのでしばらくはこのままで、バックアップの方法を別に考えられればやるかな〜。

強制 https

前に設定していたと思うのだが、外れていた。 昨今は、ウェブサイトのHTTP(ハイパーテキスト・トランスファ・プロトコル)を「https」にしていないと「安全ではありません」なんてブラウザに言われてしまう始末。 これは、ウェブサイトを見るときに頭につける呪文みたいなものだが、「http」が昔からあるプロトコルだが、「https」と言うのは簡単に言うと、暗号化されていますよ、更に公的な機関からこのウェ […]

一人Slack問題

果たして一人でSlackをする意味があるのかを考えている。身の回りでSlackを使っている人がほとんどいない状況であった。以前の仕事ならばいたのだろうけれどな〜。ほとんどRSSリーダーと化している。コミュニケーションツールであることは確かだが、コミュニケーションを今、あまり必要としていないし、ほとんどがFacebookの中に交友関係があるからかな。 知り合いがSlackに入社し、上場され、ホリエモ […]

結局、Flickerに吸い込まれる

先日、Flickerへの投稿数が1000枚となり、無料で投稿できる枚数の制限に達してしまったと書いたのですが。。。 その後、悩みに悩んだ結果、月額課金に踏み切った。自分の写真を公開するスタンダードとしてFlickerを選んだわけ。Facebook、Instagramもあるのだけれど画質がね、やっぱり違うのよ。 こう言うのは出来ないからね。しょうがないね。 こうきて こうするわけよ。 あ〜あ。ある意 […]

とうとうAirPodsのワイヤレス充電器が登場。それと、

やれ新しいAir Podsが出るだのと噂が流れていたが、その前にアップルからAir Pod専用のワイヤレス充電器が登場した。 僕はワイヤレス充電用のシートを持っていないので今は買っても意味はないが将来的には欲しいな。 しかし、説明の中に「全ての世代のAirPodsに対応し」と書いてあるのが気になります。やはり新しいのが出るのかな? と、思ったらこのワイヤレス充電用のケースに入った新しいAir Po […]

やっぱりな、TikTokが子供たちのプライバシー侵害

TikTokが悪いことを考えているなんて最初から分かってた。一瞬登録して使ってみて、なんとなく分かった(本当か?)。1時間もしないうちにアプリを削除したよ。勿論最初から連絡帳とかの同期はしていなかった。 ただ、こう言うのは自分が防いでいても、「友達」が始めていると、その中にある僕の情報が漏洩してしまうので意味は無いが。まあ、超ビッグデータとなるので個人的に検索されない限りは大丈夫だと自分に言い聞か […]

新元号の予想で1位は「平和」

いや〜、元号が「平和」だなんて僕にはあり得ないです。普通に使っている言葉が元号になることは無いでしょう。気持ちは分かるけれど。 それに今まで M:明治 T:大正 S;昭和 H:平成 と、生年月日を記述する際などに元号の省略文字がかぶらないように保ってきているので、「平和」だと「H」となり平成とかぶるので、これも候補から外れる理由。 和平も辞書にも載っているしないかなあ。 僕は覚えていないのだけれど […]

逆にCHEMISTRY 堂珍嘉邦が離婚

「逆に」というのは、この記事の前にEXILEのMAKIDAIが結婚したというものだったから。こちらは残念ながら離婚の発表。 やっぱり、CHEMISTRYとしての活動復活は私生活にはすれ違いを生じるようになったのかねえ。忙しい芸能人は結婚するとすれ違いが多くなるから、そのあたりを解決出来る人でないと長続きしないと思うのは間違いなんだろうかねえ。折角結婚したのにしょっちゅう会えなければ結婚の意味ない気 […]

IBMがRed Hatを買収

あら。今後も、独立性は維持するそうだが。 IBM(NYSE:IBM)と、オープンソースのクラウド・ソフトウェアのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat(NYSE:RHT)は本日、Red Hatの発行済みの普通株式をIBMが1株あたり190.00ドルで現金によりすべて取得することで、両者が完全な合意に達したと発表しました。これによって、企業価値の合計は約340億ドルとなります。 情報源: […]

1 3