作品

1/2ページ

米ネットフリックス 2月からジブリ作品を世界配信  :日本経済新聞

どこでどう契約がうまくいったのかわからないが、ネットフリックスはうまいことやってのけたな。 しかし、一方で、日本のアニメ界は新風が吹き荒れようとしている中、ジブリ依存がどれほど今後もあるか。少なくとも、海外においては今後もファンが多いので、だからネットフリックスはうまくやってのけたのだと思うわけ。 だからこそ、配信範囲が日本をのぞいているのであろう。逆に日本での独占契約は難しかったのであろうな。ア […]

北村一輝が40代の一般女性と再婚

俳優の北村一輝(50)が2019年12月中旬に40代の一般女性と結婚したと12月27日に発表した。 発表は北村自身からの報道各社へのFAXで知らされた。 私事で恐縮ではございますが、この度、私、北村一輝は2019年12月中旬に40代の一般女性の方と入籍致しましたこと、ご報告をさせて頂きます。 現在、出演させて頂いております作品の状況を考慮致しまして、本日のご報告とさせて頂きました。 今後ともより一 […]

超特急 Blu-rayシングル『サヨナラは雪のあとで』ジャケット写真で吉田栄作

新作のドラマかと思ったわ。なんで今の時期に吉田栄作なんだろうと思ったが、超特急の新曲のプロモーションビデオだった。 吉田さんといえば、某国のイージスでの演技は良かったなあ。警視庁ゼロ係にも出演されているね。 超特急 Blu-rayシングル『サヨナラは雪のあとで』ジャケット写真で吉田栄作をフィーチャー!2020年1月22日よりLoppi・HMV限定販売開始!|ジャパニーズポップス: 超特急が、早くも […]

Netflix「全裸監督」の森田望智とは?

森田 望智は、1996年生まれの日本の女優で、神奈川県出身、ソニー・ミュージックアーティスツ所属である。 2011年に、テレビCMで登場している。 2019年8月からNetflixで配信された「全裸監督」で、ヒロイン・恵美/黒木香役を演じ、ブレーク中。 そんな中、情熱大陸にて取り上げられ更に人気が上がっている。 そもそも、全裸監督という映画では、オーディションでは自らアイライナーで伝説のワキ毛を描 […]

橋本マナミが1歳年下の医者と結婚

タレントの橋本マナミ(35)が11月27日に婚姻届を提出し結婚する。 相手は1歳年下の病院に勤務する医者。 交際期間、2年弱。出会いは2年前のクリスマスだそうで、橋本が毎年、高校の同級生の独身男女数人に呼び掛け開催する「さびしんぼの会」に友人に連れて来られた方とのこと。 出会ってすぐに意気投合し交際がスタートした。 彼は最初のデートで「結婚を前提に交際したい」と伝えたのだそうだ。 その後、両親にあ […]

20万人が視聴後に年齢制限対象に!

いや〜、こんなに早く投稿後に20万人の方に視聴される作品が出てくるとは思わなかった。 しかしながら内容のチェックが今頃されたのか「年齢制限」を受けました。 あくまでも年齢制限なので注意でも忠告でもありませんが。 結構厳しいんですね。 それとちょっと気を抜いていたらチャンネル登録者の伸びが下がっていました。 継続は力なり。

TWICEの「YES or YES」がオリコン週間アルバムランキングで韓国としては初の1位

「YES or YES」は フルアルバムでは無く 6枚目のミニアルバム である。 しかしながら 全部で7曲入っている。 そして! オリコン 週間アルバムランキングで なんと33,000ポイントを 取得して1位となった。 おめでとうございます! 輸入盤作品として 自身初の1位を 獲得したこになる。 しかし実は9月24日付で 日本での1stアルバム 「BDZ」も1位になっているのだ なので、国内盤・輸 […]

作家の和久峻三さん死去 「赤かぶ検事」シリーズ:朝日新聞デジタル

赤かぶ検事と言えば僕世代はフランキー堺だろうか。新赤かぶ検事となってからは橋爪功さんが演じてられている。 一方で和久さんと言えば 「京都殺人案内シリーズ」も有名。作品としては1977年から2008年くらいまで。テレビ版では、藤田まことさんに始まり、現在ではこれまた橋爪功さんが演じてらっしゃいます。 ご冥福をお祈り致します。 作家の和久峻三さん死去 「赤かぶ検事」シリーズ:朝日新聞デジタル: テレビ […]

映画「万引き家族」、オバマ前大統領の「2018年のお気に入りリスト」に選ばれる。日本作品で唯一 | ハフポスト

そもそも、オバマ前大統領が選ぶお気に入りリストと言うのは何だろうか? 「オバマ前大統領の 2017年のお気に入りリスト」でググってみるとちゃんと出てきた。と言う事は以前からあったわけだ。もっと詳しく言うと、オバマ前大統領のFacebookのページに書いてある。 obviously my favorite! 上記リンクを見てくれれば見つかります。この中で日本の映画が選ばれており、それが「万引き家族」 […]

全長2メートル「戦艦大和」を信楽焼で再現

信楽焼の戦艦大和。その手前には骸骨とおよそ信楽焼とは思えない素敵な陶器。なんと入場料無料なので是非とも行ってみたい。 と思ったら11月25日迄なので既に終わっていた。何処かで見ること出来ないのかなあ。 全長2メートル「戦艦大和」信楽焼で再現 滋賀、旧独軍戦車も : 京都新聞: 信楽焼の若手陶芸家がロボットや戦艦などを陶器で作ったユニークな作品展「ファンタスティックフェスティバル」が24日、滋賀県甲 […]

無料でCreative Cloud1年分をゲット!

僕も最近始めたAdobe Stockへの投稿。自分の画像を販売するってやつね。結構縛りがあって何でもかんでもアップできるわけではない。例にあるようなモデルと使った写真なんてのは、なかなか難しい。 でも、Creative Cloud1年分もらえるならば頑張ってみたくなるよね。 キャンペーン期間中、Adobe Stock にて審査を通過したアセットが一定の条件を満たせば、先着順でCreative Cl […]

Shape of You – Ed Sheeran

発売された頃に聞いていたのが、いつの間にか1位になっていた。3年ぶりのシングルカット。「➗」というアルバムに入っている。 僕はアルバム全体を入れて聴いている。もちろん、Shape of Youの方がキャッチーなんだけれど、続くPerfectも良いし全体を通して通勤に聴けそうだよ。全体を通してアコースティックな楽曲で少しラップも入っている感じ。 この人のアルバムは現在四則演算しになって […]

カナダで「スタートレック」全シリーズの船長の切手発売

これ欲しいな。 出来たら、艦長では無いけれどスタートレック: ディープ・スペース・ナインのジャッジア・ダックス=テリー・ファレルのも欲しいな。だって艦長には関係の無いボーグキューブも描かれているしなあ。ジャッジア・ダックスの次はピカード、その次がカークかなあ。ピカード艦長は放映期間も長いし内容も面白かったからね。 ボイジャーも結構好き。 どうやったら日本で買えるのか誰か調べて欲しいな。 [トロント […]

エルトン・ジョンの70歳の誕生日

エルトン・ジョンが70歳か。お祝いする人がスティービー・ワンダーと言うのも凄い。両方とも最近メディアで観ていないがw。 言動等に色々問題はあったが彼の作った作品にはかなり癒されて来た。でも、すぐに出てくる曲名は「ピンボールのマジック」だったりして…。誕生日おめでとうございます。 あ、彼の誕生日は1947年3月25日です。 [26日 ロイター] – 英歌手エルトン・ジョンが2 […]

『インディ・ジョーンズ』最新作、2019年に公開

監督、主演、周りのお出演者同じと言うことが凄い。還暦どころか。。。 しかし、記事に脚本家の気になる内容がある。 「最後にインディが死ぬ」 つまり、これが最終回と言うことか。死なない終わり方もあると思うが、この選択。ラストシーンが気になるね。 しかし、一方で監督のスピルバーグは昨年6月のインタビューでは、「インディーは殺さない。」とも言っている。どっちの意見が勝つの? その一方で以前、同作品の脚本家 […]

上白石萌音

映画「君の名は。」は大ヒット。その主題歌を歌っているのが上白石萌音。その主題歌が「なんでもないや」。まだ映画も見ていないがチェックしておこう。 皆さんご存知であろうが、この映画、もはやジブリと肩を並べるほどの作品となった。興行収入100億円以上って本当にすごいよね。この映画の新海誠監督作品の一つ前「言の葉の庭」が1.5億円。10倍以上。 前の作品に登場した人物が今回の作品にもカメオ出演していたり、 […]

近所の古民家で作品展

うちの近所には京都に住んでいた芸術家達が、綺麗な水や環境を求めて移り住んでいる方々が多い。その方々が定期的に集団で作品展を開催してくれる。皆さん古民家に住まれており普段は普通の生活、時に作品展というスタイル。今回は3軒回ってきた。外観は撮影したものの肝心の作品はあまり撮影出来なかった。販売もしているのだが結構なお値段するので今回は手が出ませんでした。

広島で、「北斎の富士 冨嶽三十六景と富嶽百景」

広島で行われるようだ。 行きたいが行けないやろうなあ〜。北斎ってちゃんと見たことない。 北斎の富士 冨嶽三十六景と富嶽百景 | JAPAN ATTRACTIONS: 葛飾北斎(1760-1849)は、90歳で没するまでの約70年にわたり、常に新たな様式に挑戦し続けた画人です。北斎の名を不動にしたのは、全作品に富士をあしらい、名所絵(風景画)というジャンルを生み出したとさえ言われる「冨嶽三十六景」の […]