十人十色の思い入れ

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
Pocket
WhatsApp

人により処理能力に違いがある。言われた事だけする人、言わなくても自分で考えてする人、視野が広い人、そこだけしか見てない人、何でも口に出す人、頭の中で考えているが、聞かなくては言わない人、リーダーになる人は、そのひとりひとりの個性を活かさなくてはいけない。

 昔、バンドをやっていた。思いや方向性の同じ友人で集まって演奏するわけだ。そう言う場合、演奏する曲や編曲でもめることはあっても、最終到達点が「演奏」「人に聴いてもらって気持ちよく」なので、収まりがつく。が、仕事の場合そうはいかないことがある。同じ会社なのだから最終ターゲット?は、同じなのだが、その思い入れや、自分なりの解釈など、種々雑多。果てはどこまでが担当なのかとか、締め切りを聞いていなかったとか、「プロジェクト」となると、同じ仕事の分業で、しかも相手のあることで、内容やレベルや、様々のことが合わないことがある。どこでもあることと思うが、どうやって解決すれば、気持ちがよいのであろうかねえ。

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
Pocket
WhatsApp

Never miss any important news. Subscribe to our newsletter.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください