ミスター・ジャパンの初代優勝に京都代表の鈴木貴之さん

 「ミス・ユニバース・ジャパン」の男性版として今年新たに発足したコンテスト「第1回ミスター・ジャパン」が3月4日開催され、初代ミスター・ジャパンに京都代表の大学生・鈴木貴之さん(22)が輝いた。 鈴木さんは「3ヶ月の(レッスンの)結果を出し切ることができて、大満足してます。結果もついてきて…。一緒に戦ってきたファイナリストに感謝しています」と男泣きしたそうな。泣くの?!

 同コンテストは、外見だけでなく知性や表現力に優れた日本を代表するオピニオン・リーダーとなれる男性を発掘するべく初開催。昨年全国から応募された男性600人の中からファイナリスト8人を選出。当日はダンス、水着によるウォーキング、スーツ&スピーチ審査が行われ、最終的に鈴木さんが選ばれた。

NewImage

 笑顔がまぶしい!

 上の写真は順に、初代ミスター・ジャパンに輝いた京都代表の大学生・鈴木貴之さん(22)、千葉代表のモデル・吉井祐貴さん(20)、宮城代表のモデル・佐々木優介さん(25)、大阪代表の高校生・飯作雄太郎さん(18)、静岡代表の大学生・塩崎太郎さん(20)。どの方々も、美しいからだと面をお持ちのようです。

 受賞後の会見でも、涙が止まらず「光を浴びたら、言葉が出なかった」と笑いながら回答。高校時代にバレーボールの名門・京都府立花園高校で活躍されたそうだ。昨年の行われた選考会でファイナリストに選ばれて以降、週6日ジムに通い体を鍛えてきたそうだ。

 今後については、大学を卒業後役者を目指したいそうです。女性のミス・ユニバースでも優勝すれば一流な待遇が待っているのだから、彼の望みもかなうことでしょうねえ。

 また、「2013ミス・ユニバース・ジャパン」も同時に行われたそうで、本来はこちらの方が主体なんでしょうけれど、松尾幸実さん(まつお・ゆきみ、25)が選ばれた。

 ちなみに、コンテストのゲストは高橋克典さん。こちらも、なかなかビューティーな俳優さんですよね。下の本の鍛え方を見ていると、出場しても十分耐えられる気がする。審査員から有名人と言うことで、だめ出しが出るのかもしれないが。