2013
03.07

やっとわかった! WordPressのビジュアル・エディタが表示されない件

08.ガジェット

 ずいぶん長い間、ほったらかしで問題であった件が、解決した。うちのサイトはWordPressを利用しているのだが、その中のビジュアル・エディタ、一部のプラグインが利用できなくなっていた。WordPress自体で投稿を編集する画面には、その記事を文字とHTMLのコードを直に埋め込んでいく、テキスト・エディタと、強力なツールバーを使って簡単にきれいな編集ができる、ビジュアル・エディタの2つがある。そのビジュアル・エディタの画面を利用しようとすると「真っ白」になってしまって、何も編集が出来なくなっていた。それが解決したので、一部のニッチの方のためにご紹介しておこう。


 WordPressの中のビジュアル・エディタが使えなかった原因、それは、Javaの設定の問題だった。これを設定しているのは、通常は「http.conf」の中です。仮想サーバの設定をされている場合には、それぞれの仮想サーバのDirectory説に書かれています。逆にこの設定はセキュリティを高める設定なので、書かれていない場合もあります。

<Files ~ “.js$”>
SetEnvIf Referer “^http://対応したいドメイン1” refdom1
SetEnvIf Referer “^http://対応したいドメイン2” refdom2
Allow from env=refdom1, refdom2
</Files>

 上記は最終結論を書いています。

 Javaのファイルは拡張子が「.js」です。最終的には上記のように、Javaのファイルを読むことが出来るのはApacheで登録しているドメインからだけにすると言うことです。セキュリティの観点から「Deny All」とされている場合があります。こうしていると、コンテンツ内からもJavaが呼べなくなり、Javaでかかれている記述が実行されなくなってしまうわけです。ずっとその状態でした。だいぶ以前に設定したところなので気づけませんでした。とにかく解決して良かった。

コメント

  1. メモリーの設定なのか、サーバからなにか向いていないのか、オンにしていたものがバージョンアップでオフになっているのかおかしいい原因はその辺だろうと思ってました。解消できて何よりです。
    世の中様々なサーバーサービスがあって、価格競争になっている感じでWordPressも多くの利用者がサーバーそれぞれで苦闘しているようです。まずは自分の期待していることが利用できるのか、利用料金やウリの容量ではなくWordPressをしたいのならphpのバージョンとか、インストールされていないものがないか調べる。そこから初めなくちゃいけないですね。

    • 返信していなかった?おっしゃる通りですね。PHPの設定、特にメモリーやオプションのOFF/ONには注意が必要ですね。亀レスでした。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA