第55回紅白歌合戦、レコード大賞が最低視聴率

紅白歌合戦も、レコード大賞も集中で観る時代が更に低迷化している。事前に内容がわかり唄う順番に沿って観るよりも、はらはらどきどきや、言葉のバトルを楽しんだ方がおもしろいということか?
僕はチャンネルを変えながら観ていた。紅白、K1その1、K1その2、たけしの番組を少しずつ観ていたが、紅白のところで立ち止まる時間はすごく短かった。好きなミュージシャンが唄っていないとわかると、すぐに変えてしまう。好きなミュージシャンの歌でも、途中からになるし、唄う時間が短いからすぐに別のチャンネルへ、という感じだった。K1は、瞬間瞬間でどうなるかわからないので、ふと時計を見ると結構長い時間を見ていたり、たけしのUFOバトルは単純におもしろく、次のCMまで観てしまったりした。
そんなこんなで大晦日は過ぎていった。

SANSPO.COM 紅白低迷

昨年大みそかにNHK総合で放送された「第55回紅白歌合戦」の平均視聴率が、後半の第2部で39.3%と史上初めて40%を下回り、過去最低記録を更新したことが2日、ビデオリサーチの調べ(関東地区)で分かった。前年の45.9%から一気に6.6ポイントも急落。紅白の人気凋落傾向がますます浮き彫りとなった。一方、紅白の裏の格闘技番組などは軒並み好成績を収めた。

SANSPO.COM レコード大賞低迷

TBS系で昨年大みそか放送の「第46回輝く!日本レコード大賞」(後6・0)の平均視聴率が10・4%(関東地区)で、紅白と同じく史上最低記録(2部構成時代を除く)となったことが2日、ビデオリサーチの調べで分かった。

分刻み視聴率発表 紅白50%届かず

幸子&天童 46%が最高

その後の発表では小林幸子と天童よしみが視聴率46%で最高のようだ。
演歌が最高を取るところがNHKらしいな。