アップルの「Maps」のお行儀は「さほど深刻ではない」

以下の引用の同氏とは、Appleのスティーブ・ジョブズとの共同創業者である、スティーブ・ウォズニアック氏の事だ。初代Apple I(ワン)を開発した事で有名。彼は、このmapsアプリの異常事態を、さほど気にしていない様だ。

僕も現在のiOS6のmapsにはさほど困っていない。他に使えるアプリを持っているからである。しかし、それらを使い続ける気持ちは無い。何故なら、新しいAppleのmapsはコンテンツの状態が改善されれば、とても美しく使ってみたくなるアプリだから。

しかし、mapsを一方でこんなに間違った情報が掲示されても、自分の中で捨てようと思わない、不思議なアプリでもある。

同氏は、AppleのMapsアプリにおける問題点が大きく報道されていることは知っているものの、問題の深刻さは大げさに報じられているのではという疑念を抱いている。

「そういった問題について見聞きはしているが、それほど深刻なものであるかどうかは分からない」(Wozniak氏)

引用元: ウォズニアック氏から見たアップルの「Maps」--残念な出来だが「さほど深刻ではない」 - CNET Japan.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください