マヤ文明の予言である2012年は単なる通過点だった!

2012と言う映画まで作れれた、マヤによる2012年最終説はあっけなく崩れ去った。ひとまず良かったのは、ノストラダムスの予言の様に「解釈」の違いによって、色んなパターンである意味ごまかされるのでは無く、単純に2012年以降の予言も掲載されているのが見つかったと言うこと。

ひとまず、来年以降の僕の予言(計画)も安心して進められるな。

2012年5月11日、マヤ文明の遺跡から最古の「天文カレンダー」が発見された。そして、このカレンダーには2012年よりも先の暦がしっかりと記載されていたことが明らかとなったのである。マヤ歴は西暦2012年までしか存在しないとされ、それを元に「マヤの予言」として2012年には人類が最後の時を迎えるという話が大きく広がっていた。

引用元: 【マヤ予言はウソ】オカルト業界にダメージか?-2012年は単なる通過点「マヤ文明」最古の天文カレンダー発見! オトナの会社設立.

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください