ちょっとニュースのちょっとした話

ちょっとニュースの記事を書くシステムは、カテゴリを指定しないと「コラム」と言うカテゴリが付く。今日はあえて、そのカテゴリで書いてみる。

以前は、毎日先の記事を蓄積して書いていた。そもそもの、ちょっとニュースはそれでも書き切れないほどの記事で覆われていた。当時のちょっとニュースを知っていらっしゃる方が、どれ位読んでくださっているかも、わからないのだけれどね。今はBlogとしてがメインとなっていますが、1990年代は、「まぐまぐ」と言うメールマガジンをメインとして、活動していました。マガジンNo.も140番と古いでしょう?(笑)

あの当時は、あらゆるメールマガジンが生まれて行きました。今はメルマガって、どうでしょう。一時期のピークを超えて、もっとリアルタイム性のある、TwitterやSNSからのLINKで直接ホームページのコンテンツに飛ぶ手法の方が多いですかね。メールもショートメールと言った落ち着いて読むものよりは、チャットの様に使う方法が主ですかね。

ちょっとニュースには、まぐまぐよりももっと前の姿があります。ここまでついてこられる方はかなりパソコンの古い時代の方になりますが、インターネットの前にはパソコン通信なるものがありました。今で言うFAXの送受信の時の音、ピーガーで通信してパソコン同士を繋ぐやり取りでした。モデムと言うやつですね。今は通信といえば、1Gbit/sec。無線でも数十メガbit。そんな時代ですが当時は、300〜9600bit per secondでした。なので通信の音を聞くとピーガーって聞こえたんですね。

話がそれましたが、そのパソコン通信で当時のドンと言えば、Nifty-Servでした。その中にパティオと言う会議室?フォーラムの様なものがあり、ああ、コミュニティかな。登録制でそこで、面白い情報を交換し合う事が目的で立ち上げたのが最初でした。300人位の人に配信してましたかね?

配信する記事がドンドン増えたので一つの記事は3行にまとめる、と決めました。1行は74文字だったかな?長い情報も3行にまとめると言うのが段々と快感になったのを思い出しますね。この様にダラダラ書いてませんでした(笑)。

ほんと、ちょっとダラダラ書きすぎましたね。今回は何だか、おじさんの愚痴みたいな内容で、ごめんなさい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください