『007』最新作は2012年11月

やっと、007に明るい未来が見えてきた。最初はダニエル・クレイグのボンド役は、ちょっと遊び人過ぎないか?とも思っていたが、彼の瞳のアップとか見てると、お!いいじゃん、とも思い始めていただけに、007の頓挫には悲しい物を感じていた。

引用先のシネマトゥデイにてパラマウントの経済状況の問題から007の制作が泊まってしまったという記事だった。007自体は、勿論とてもすばらしいヒットをしたのだが、親会社の経営状況はひどかったらしいね。ここに来て、本来の制作者、スタッフにて再会するというニュースは安心すると共に、作品への期待が戻ってきた。

[シネマトゥデイ映画ニュース] 映画『007』シリーズ最新作が、再びジェームズ・ボンド役にダニエル・クレイグを迎え、2012年11月9日に世界同時公開することが発表された。この発表は『007』シリーズを製作してきたEON(イーオン・プロダクションズ)のマイケル・G・ウィルソンにバーバラ・ブロッコリ、そしてMGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)のゲイリー・バーバーとロジャー・バーン・バウムによって行われたもの。これにより、昨年から再開が予定されていたシリーズ23作目の製作が、本格的に始動することになった。

引用元: 『007』最新作が2012年11月に世界同時公開されることが正式発表!ダニエル・クレイグがボンド役に帰還! - シネマトゥデイ.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください