新型肺炎SARSの感染を1時間以内に判定できる検査キットの開発に厚生労働、文部科学両省の合同研究班(班長=吉倉廣・国立感染症研究所長)と検査薬メーカーが共同で成功した。

1時間とはいえ良くはなったのだろうな。蔓延している地域から飛行機に乗る場合は乗る前にチェックを開始し、日本国内の空港で結果を見て隔離かそのまま平穏に国内に入れるかの対応が可能になる気がするが、臨床実験とかこれからなのかな?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください