MSが開発支援としてのTODOに特許取得

米Microsoftは、「統合開発環境内で利用するタスクリストウィンドウ」に関する特許を取得。これはソフト開発の過程で、やらなければならない作業のリストアップ・管理を支援するものだとしている。

開発ツールの中での話だと思うが、TODOを扱う機能に対して特許取得が認められた。単なるTODO機能だと、今までの多くのPMIソフトウェアも引っかかることになる。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください