宇都宮市の発砲立てこもり事件は最悪の結末となった。栃木県警が20午前5時半ごろ指定暴力団住吉会系組員畠山武人容疑者(41)が拳銃所持のまま立てこもっていたマンションに44時間ぶりに突入した。畠山容疑者は自らの銃で自殺したものと思われ、また室内にいた女性も死亡。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください