民主菅代表が辞任表明したが後任は混迷

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
Pocket
WhatsApp

民主党の菅直人代表は10日、党本部での両院議員懇談会で「年金未加入問題で国民とわが党の皆さんの不信感を高め、ご迷惑をかけた。私の責任は極めて大きい」と、正式に代表辞任を表明。

結果的に年金未納が原因での辞任に受け取れるが、次期選挙の問題から後任と目される候補者は二の足を踏んでいる。しかしながら民主党は14日には後任の代表を決定すると言っている。

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
Pocket
WhatsApp

Never miss any important news. Subscribe to our newsletter.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください