PayPalにマイナンバーカードを登録すると国外への送金、受取が出来るようになります。

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
Pocket
WhatsApp

PayPalにマイナンバーカードを登録すると国外への送金、受取が出来るようになります。

 

PayPal
Source: mma.prnewswire.com

2020年4月1日、日本における国外送金に関する法律が改正されました。この改正により、PayPalを使用して国外送金や受取を行う場合、マイナンバーカードの登録が必要となります。

マイナンバーカードは、個人番号を含む国民基本情報を持つカードです。この情報をPayPalに登録することで、国外送金や受取を行うことが可能となります。

PayPalは、シンガポール法人であり、日本国金融庁によって資金移動業者および前払式支払手段第三者型発行者として登録されています。マイナンバーカードの登録により、PayPalは法律に基づく国外送金等の取引を行うための確認手続きを完了することができます。

マイナンバーカードの登録手続きは、PayPalのウェブサイトで行うことができます。カードの表面と裏面の写真を提出することが求められますが、個人情報の保護についてはPayPalが厳重な対策を講じているため、安全性には問題ありません。

マイナンバーカードの登録を行うことで、PayPalを使用して国外への送金や受取を行う際の手続きがスムーズになります。また、PayPalはマネーローンダリングやテロ資金供与防止対策を実施しており、法令や規制への遵守に全力を尽くしています。顧客の口座情報の確認や本人確認のための書類提出を求める場合もありますが、これはお客様の安全を守るための措置です。

PayPalを使用して国外送金や受取を行うためには、マイナンバーカードの登録が必要となります。安全かつ迅速な情報の送受信を行うために、マイナンバーカードの登録手続きを早めに完了させることをおすすめします。

<参考文献>

https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/support/kyc-documents-indiv
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14281446574[1][2]

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
Pocket
WhatsApp

重要なニュースを見逃さない
ニュースレターを購読する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Table of Contents