ウィンブルドン 2023 ジョコビッチ破れる

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
Pocket
WhatsApp

【ウィンブルドン 2023/07/17】ジョコビッチが敗れ、熾烈なバトルとその進行状況

ウィンブルドン選手権、16日の男子シングルス決勝戦に世界第1位として臨んだスペインのカルロス・アルカラスが、ノバク・ジョコビッチを下した。1-6、7-6、6-1、3-6、6-4というスコアは、アルカラスの初めての優勝を予見させるものであった。

ウィンブルドン 2023
Source : www.wowow.co.jp
ジョコビッチ
Source: images.tennisclassic.jp
アルカラス
Source: images.tennisclassic.jp

特筆すべきポイントは以下の通りです:

  • アルカラスは、第1セットを失い、また第2セットのセットポイントで苦しんだ後、立て直しました。昼夜を問わず、4時間42分にわたる試合後、彼は最後に勝利を宣告しました。これは彼のキャリアにおける四大大会(グランドスラム)での通算2勝目で、ウィンブルドンでの勝利は20歳であり、歴代3番目の年少記録となりました。
  • また、”ビッグ3″の代表であるジョコビッチは、ラファエル・ナダルの怪我とロジャー・フェデラーの引退を受けて、唯一の旗手として健闘していました。しかし、この試合は新世代が台頭してきていることを大きく示した結果でした。

ジョコビッチについて、以下の点に注目:

  • ジョコビッチは、今年の全豪オープンと全仏オープンのチャンピオンでしたが、彼の目指していたのはマーガレット・コートのグランドスラム通算24勝と、フェデラーと共に8回のウィンブルドン制覇でした。
  • さらに、彼のウィンブルドンでの連覇は4回で止まり、2013年大会決勝でアンディ・マレーに敗れて以来、センターコートで無敗だった彼の記録も終了しました。

今回の試合は、新旧の力の均衡が大きく変わった瞬間であり、その過程と結果は今後のテニス界に多大な影響をもたらすことでしょう。

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
Pocket
WhatsApp

重要なニュースを見逃さない
ニュースレターを購読する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Table of Contents