タイタンの戦い

製作費かけたCGなんですけど、全編がB級テイストで逆にその感じがGood!

ギリシャ神話の神々と人間の争いがベース。ゼウスによって創造された人類が
神を崇拝することで、神々は永遠の命を手にいれる事ができる(だってさ)。
人類は神々の言いなりになることに対して反乱をおこし、ゼウスはブチ切れて
怪物クラーケンを解放を予告。王妃のアンドロメダを差し出せば許してやると
、日食の始まりまでに生贄の期限を設定。

セウスと人間の間の半神のプレセウスは仲間を引き連れて、クラーケンを倒す
ため(方法を探すため)の旅にでる。レイ・ハリーハウゼンのダイナメーションが
有名な同名作品リメイク。登場する怪物はCGによりパワーアップ。ものが違うので
比較はできないが、CGならではの動作は迫力もの。
だらだらしたシーンはほとんどなくテンポよくラストまで一気。

主演はAVATARのサム・ワーシントン。べつにAVATARのイメージはないので
(言わなきゃわかんない)。細かい部分で前作や本来のギリシャ神話と異なる
ようですが、とくに話がおかしいとも思わない。
巷の評判はつまらんというにが多いですが、たぶん好き/嫌いですね。
『ロード・オブ・ザ・リング』的な映像(的ですよ、的)が好きな人や怪物
好きには楽しめるはず。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください