韓国の年齢の数え方が変わる

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
Pocket
WhatsApp
韓国の年齢の数え方

韓国では、2023年6月28日に「満年齢統一法」が施行され、国民全員が1~2歳若返りました[1]。これにより、伝統的な「数え年」と、生まれた時は0歳で、1月1日を迎えるごとに1歳年を取る数え方が廃止され、国際基準の「満年齢」に統一されることになりました[2][3]。

え?どういうこと?!まあ、日本ではまだ、数え年ってのは使われているよね。還暦とか。

「生まれて、0歳ってどういうことやねん!」という方もいらっしゃるようで。

さて、

背景: 韓国の年齢の数え方の変更

韓国では、これまで「数え年」と「満年齢」の2つの年齢の数え方が使われていました[3]。数え年では、生まれた時点で1歳となり、以降、新年を迎えるたびに1歳を加算する[2]。一方、徴兵制や飲酒・喫煙可能な年齢を計算する際には、生まれた時を0歳として、1月1日に1歳を加算する制度もある[2]。さらに1960年代初めからは、医療や法律関係の書類では、出生時を0歳とし、誕生日ごとに1歳を加える満年齢が使われている[2]。

新たな制度は、国際基準に合わせ、数え方が複数あることによる混乱を避ける狙いがあります[1]。韓国政府は満年齢が日常生活で浸透するよう教育や広報を強化する予定です[1]。

本文: 韓国の年齢の数え方の変更による影響

韓国の年齢の数え方の変更により、国民は公式文書上では1歳か2歳若くなることになります[2]。これにより、韓国の国民は、徴兵制や飲酒・喫煙可能な年齢など、さまざまな面で影響を受けることになります。

また、韓国の年齢の数え方の変更は、国際的なやり取りや留学などで、年齢の計算方法の違いによる混乱を減らすことが期待されます[3]。

しかし、韓国ではまだ別の年齢の数え方も使われており、年齢計算方法の混在は続きそうです[1]。

まとめ

韓国では、2023年6月28日に施行された「満年齢統一法」により、国民全員が1~2歳若返り、国際基準の「満年齢」に統一されることになりました。これにより、国際的なやり取りや留学などで、年齢の計算方法の違いによる混乱が減ることが期待されます。しかし、韓国ではまだ別の年齢の数え方も使われており、年齢計算方法の混在は続きそうです。

Citations:
[1] https://www.tokyo-np.co.jp/article/259533
[2] https://jp.reuters.com/article/southkorea-age-system-idJPKBN2SS0QZ
[3] https://yururukorea.com/korea-nenrei-kazoekata/

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
Pocket
WhatsApp

重要なニュースを見逃さない
ニュースレターを購読する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Table of Contents