2022
02.16

小松基地|防衛省 [JASDF] 航空自衛隊

03.政治

小松基地より

お願い

この度のF-15戦闘機の墜落事故で、2名の操縦者が亡くなったことは、本当に残念でなりません。 おふたりの優しい笑顔や、共に過ごした日々を思い出し、隊員一同、深い悲しみの中におります。心よりご冥福をお祈りいたします。 また、基地周辺の市町村をはじめ、全国の皆様からたくさんのお悔やみや励ましの声を頂いておりますことに感謝いたします。

小松基地としましては、亡くなられた2名の操縦者のご家族に寄り添うとともに、航空事故調査による原因究明の内容を踏まえ、同種事故の再発防止に努め、飛行の安全に万全を期してまいります。 小松基地は、当面の間、海上及び海岸沿いにおける当該機の部品や操縦者の装備品などの捜索活動を継続します。 海岸沿いは消波ブロックや崖などの危険な場所があるほか、海岸に漂着している部品等の中には鋭利な金属片などもあり、触ると怪我をするおそれがあります。 また、これらの部品等は、事故原因を究明するための事故調査に必要なものです。

みなさまの安全のため、部品等を探す目的で不用意に海岸に近づくことがないよう、また、当該機の一部と思われる部品等を発見しても、触らず、持ち帰らず、 航空自衛隊小松基地、警察、消防や自治体等にご連絡いただきますよう、お願いいたします。お問い合わせ・ご連絡先:航空自衛隊小松基地渉外室0761-22-2101(代表)内線5106wg-adm001@inet.asdf.mod.go.jp

情報源: 小松基地|防衛省 [JASDF] 航空自衛隊

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。