京都府:鳥インフルエンザ終息宣言

京都府丹波町の鳥インフルエンザ問題で、京都府は13日午前0時、浅田農産船井農場から半径5キロ以内に設けていた鶏や卵の移動制限を解除、感染の発覚から47日目で、移動や出荷が自由にできるようになった。山田啓二知事は午前0時から府庁で記者会見し、この問題の終息を宣言した。

事件の起きたときのニュースって目がいくけれど収束に関してはなかなか。
こういうニュースはさりげなく隠したい人もいるのだろうな。
吉野家の牛丼はいつになったら食べられるようになるのであろうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください