2021
07.30

総務省の示した「統計表における機械判読可能なデータの表記方法の統一ルールの策定」

03.政治

なんと令和2年12月に

これって、令和2年の12月に策定されているんですね。コロナが流行り始めた頃、アナログやファックスで情報を集めて登録していたことを考えると、こう言ったことは重要ですね。

知らなかった〜

報道資料とあるので、メディアでも報道されたのかもしれないけれど見逃していました。しかし、内容は難しい。医療でも最近では、医者が使う機械や情報データを扱うための学科があり勉強している人も増えていると思う。

「医療情報学科」ってやつだ。

話が逸れたが、一応資料の方もアップロードしておきます。

統計表における機械判読可能なデータ 作成に関する表記方法 000723626.pdf

総務省|報道資料|統計表における機械判読可能なデータの表記方法の統一ルールの策定:

総務省では、各府省が政府統計の総合窓口(e-Stat)に掲載する統計表における機械判読可能なデータの表記方法の統一ルールを策定いたしましたので、お知らせいたします。

スクリーンショット 2021 07 30 8 35 22

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA