2021
07.05

一方的に送り付けられた商品は直ちに処分可能になりました(2021-07-06から)

01.社会, 02.経済, 03.政治

その1:商品は直ちに処分可能

 注文や契約をしていないにもかかわらず、金銭を得ようとして一方的に
 送り付けられた商品については、消費者は直ちに処分することができます。

その2:事業者から金銭を請求されても支払不要

一方的に商品を送り付けられたとしても、金銭を支払う義務は生じません。
 また、仮に消費者がその商品を開封や処分しても、金銭の支払は不要です。
 事業者から金銭の支払を請求されても、応じないようにしましょう。

その3:誤って金銭を支払ってしまったら、すぐ相談

 一方的に送り付けられた商品の代金などを請求され、支払義務があると
 誤解して、金銭を支払ってしまったとしても、その金銭については返還を
 請求することができます。
 対応に困ったら、消費者ホットライン188へ相談しましょう。

consumer_transaction_cms202_210629_03.pdf

スクリーンショット 2021 07 05 12 59 36

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA