M1 MacでiOS用のアプリを動かす

Apple純正のシリコンCPU「M1」からはiOS用のアプリも動作すると聞いていたので、実際に試してみた。

試したのはInkdropと言う僕が毎日使っている、markdownエディタ。早速MacのアプリからiOSを選択してInkdropを検索。

すると、ちゃんと出てきた。iPhone用と表示されているが、インストールできるようだ。早速ポチッとすると、プログレス表示になった。

すぐさまインストールが終わる。まるでiPhoneでアプリを追加するようだ。

起動してみる。

普通に立ち上がる(笑)。

その後の画面は、Mac用のアプリと思わんばかりの表示だ。さすがユニバーサル・アプリだ。Mac用とiOS用で別々に開発要らなくなるのでは?開発者の方も喜ぶ?

一応、アプリのモニターでアップルCPU製になっているかも確認してみた。

ちゃんとApple用になっているようだ。その下にあるアンチウィルスソフトのカスペルスキーがまだインテル用なのが笑える。LINEもiOS用に変えれば良いのかな?また後で試してみよう。

とにかくiOSデバイス用のアプリがMacで動くのはアプリの選択肢が増えるし嬉しいですな。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください