2020
11.13

ホンダのヨーロッパでの電気自動車で失敗しテスラのゼロ・エミッション枠連合に参画

17.モータースポーツ

元々、ヨーロッパでのホンダは1%程度のシェア。そこに電気自動車で参入したところで、他社のそれほどでも無い電気自動車にも太刀打ち出来ない。結局は、他社と同じく、テスラの推奨するゼロ・エミッション連合に入ることになった様だ。

ホンダってガソリンエンジンの時代には輝いていたのに、電気自動車となった途端に平均的な自動車会社になってしまったのですかね。エンジンが変わることって、相当大きな変革なのかな。マツダの様にデザインも大切だと思う。すると他の方針にも目を向けてくれると思う。何か魅力的な突出したことで頑張って欲しいな。

That reality has forced Honda to do what FCA did recently — join Tesla’s zero emissions credit pool. It’s simply cheaper to pay Tesla that to pay the fines. This is a stalling tactic pure and simple until Honda decides how to comply with the regulations. That will likely involve more hybrids and more plug-in hybrids but it will also involve making battery electric cars that are attractive to potential buyers.

情報源: Disappointing Honda e Sales Prompt Move To Jump Into Tesla EV Credit Pool

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。